2018年10月16日 (火)

"民族音楽が国境を越え私達の心を満たす" 2018/10/14

20181014nhk01

"民族音楽が国境を越え私達の心を満たす"
 NHK神戸放送局1F トアステーション
平成30年10月14日(日)
開場 12:40 開園13:00
司会 橋本ルリ子
第一部
13:00 La 沙凡 (和洋アンサンブル))
13:20  うりずん (沖縄舞踊と三線)
13:40 神戸アンクルン・アンサンブル
14:00 グルーポ・ゆい
第二部
14:20 La 沙凡
14:40 うりずん
15:00 グルーポ・ゆい
15:20 神戸アンクルン・アンサンブル
-----------------------------
グルーポ・ゆい演奏曲目
第一部
note 出会い
note Viva mi Patria Bolivia
note 花祭り
第二部
note コンドルは飛んで行く
note リャマの道
note Los Morenos
 
「ゆい」 としては、久しぶりのライブでした。
ボリビアンダンスのソル・デ・ラス・インディアスとのコラボもあり、
賑やかにやってきました。
20181014nhksolde
 
私、ケーナ吹く予定ではなかったのですが、カミサンがこのところ超多忙でお疲れの様子でして、私に吹け!ということになり、出会いとリャマの道を吹くことになりました。
考えてみると、出会いのケーナ吹いたのは・・・・・・いつだっけ?(?_?)
ゆいでは、この曲、ずっとサンポーニャの担当でしたからね。
でも、久しぶりにケーナが吹けてよかったです。
 
ライブは、色々とありますが、楽しい一日でした。
関係者の皆様、お世話になりました。
20181014nhk02
 写真) 神戸アンクルン・アンサンブルの皆さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

第13回ケーナ教室合同発表会  20218/10/28

Prog2018omote1

プログラムが出来ました。
-----------------------------
第13回ケーナ教室合同発表会
と き 2018年10月28日(日)13:00~
ところ 本山第四住宅集会所
     神戸市東灘区本山南町7
-----------------------------
入場 自由
楽しい雰囲気でやってます。
地元の人たちも多数応援に来てくれてますので、
お気軽に覗きに来てください。
Prog2018ura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"民族音楽が国境を越え私達の心を満たす"  2018/10/14

20181014nhk

"民族音楽が国境を越え私達の心を満たす"
 
日時 平成30年10月14日(日)13:00~
場所 NHK神戸放送局 1F トアステーション
入場 無料
プログラム
--------------
第一部
13:00 La 沙凡 (和洋アンサンブル))
13:20  うりずん (沖縄舞踊と三線)
13:40 神戸アンクルン・アンサンブル
14:00 グルーポ・ゆい
第二部
14:20 La 沙凡
14:40 うりずん
15:00 グルーポ・ゆい
15:20 神戸アンクルン・アンサンブル
--------------
久々の「ゆい」のライブ演奏です。
まりちゃん率いるボリビアンダンスのソルデラスインディアスも応援に来てくれます。
よろしくsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

演奏会予定 

来月から年末にかけての演奏予定です。
------------------------------------------
2018年10月14日(日) グルーポ・ゆい
"民族音楽が国境を越え私達の心を満たす"
---------------・・・------------
2018年10月11日(木)11:30~ おまつ堂
本山食事会
本山第四住宅集会所
---------------・・・------------
2018年10月27日(土)  松岡結以山
第39回都山流尺八楽演奏会 新都山流大阪府支部
---------------・・・------------
2018年10月28日(日)13:00~ ケーナ教室一同
松岡一門ケーナ教室合同発表会
本山第四住宅集会所
---------------・・・------------
2018年10月30日(火)10:45~ おまつ堂
げんきながら 演奏
デイサービス げんきながら 神戸市長田区
---------------・・・------------
2018年11月8日(木)11:30~  おまつ堂
本山食事会
本山第四住宅集会所
---------------・・・------------
2018年11月18日(日) おまつ堂&金野広美
交流秋まつり
---------------・・・------------
2018年11月25日(日) おまつ堂
詩吟完心流20周年式典
神戸市長田区
---------------・・・------------
2018年12月13日(木)11:30~ おまつ堂
本山食事会
本山第四住宅集会所
---------------・・・------------
2018年12月16日(日)10:00~   松岡結以山
伊丹三曲協会合奏研究会
場所未定
-----------------------------------
お気軽に、覗きに来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

竹の天日干し 

2018092601

この前は、竹の青みを抜く為に、天日干しをしていて、結構な数量の竹を割ってしまった経験をふまえ、今回は、干す場所を変えてみました。
午前中は日が当たり、午後からは日陰になる場所に干してみたら、結構青みも抜け、割れることもなく、無事でした。
貴重な竹を無駄にせずに、よかった(^_^;)
 
あと、バーナーで焼いてしまえsign03
と思い、買ってみました。
中々、いいのですが、均等に焼き色をつけるのは難しい(^^ゞ
 
まぁ、これはこれで、クリームブリュレやチーズなんかの焼き色をつけるのにも使えるしいいかアハハ(^◇^)
 
2018092602

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

本山食事会   2018/09/13

Resize0023

本山食事会 2018/09/13(木) 11:30~
今月も、やってきました。
note本日の曲目notenotenote
 
noteコンドルカンキ
noteさらばアヤクーチョの町
noteチチカカ
note花嫁
note新妻鏡
note千の風になって
note大利根月夜
note港町十三番地
note真っ赤な太陽
Resize0025
先月、うちの会長さんが、二胡を練習し始めたそうで、
1台余っているからといって、カミサンが二胡をもらった。
早速、本日披露したsign03
note草原情歌
 
まぁ・・道のりは険しい・・・・ヽ(^。^)ノ
Resize0026
本日のおやつ
お手製、ムラサキイモの羊羹
甘さ控えめで、美味しいdelicious
Resize0027_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

3Dプリンター 尺八とケーナ

20180911shaku

プラスチック尺八 悠 1尺8寸 (写真手前)
 
プラスチック射出成型機で製作されている安価な尺八として知られているが、問題点も多い。
第一に、射出成型機と尺八製作に必要な金型代に莫大な投資が必要であるとこはよく知られています。
この投資に見合う金額を考えるなら、「尺八 悠」は、破格の値段でしょうね。
営利というより、ボランティアといってよいレベル。ししかし、未だに、一尺六寸管すら追加されないのをみれば、これ以上の広がりは期待できないでしょう。
 
最近、新たな試みとして、尺八の3Dプリンター製作が始まったようです。もはや試作品のレベルでは完成しているようで、これから開発に一層の加速がつくことは間違いないでしょう。
一番メリットは、設計変更が容易な点ですね。基本的に一点一点製作するので、それこそミクロン単位で試作を重ねることが容易なようで、なお一層、楽器そのものの研究が進むのではないかと期待されてます。
 
長いものが製作できなかったりと問題もありますし、3Dプリンターの精度を求めるならまだまだ高価、個人レベルでは難しいでしょうが(^_^;)
 
3Dプリンター尺八、年内には販売されるのではという噂を耳にします。 
楽しみです。(^O^)
 
尺八と違って、元々安価なケーナは価格的なメリットはあまりないように思いますが、ケーナもそのうち出てくるでしょうね。
うちには、財政的余裕がないので、とても無理ですが・・・(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

ケーナと尺八

Quena201808

先日、尺八仲間から電話があり、ケーナを購入したいとのこと。
慰問演奏によく行かれるそうで、そういった時に、尺八だけではなく、別の楽器を取り入れたい云うことのようです。
この間、7本作ったところですが、追加で3本を作りました。
これで、内径16mm~19mmくらいまでのが出来、選択肢が広がったので、この中から選んでもらえればいいかなと思ってます。
 
ところで、尺八とケーナは、どちらも"たて笛のエアリード楽器"という点では共通していますが、異なる部分も多く、両方どちらとも上手く吹くのは大変です。
大きくは、違わないのですが、この少しの違いがかえって邪魔をします。
吹きこんでいけばいくほど、やはりどちらかの吹き方に体が特化していくのかもしれません。これを上手に切り替えられるぼと、少なくとも私は器用ではありません。
 
ケーナ ⇔ 尺八  双方持ち替えた時の違和感は未だにぬぐいきれません。
最近は、尺八を吹いている時間の方が長くなったせいもあり、吹き方も尺八寄りになってきているような感じです。
私が思うに、二つの楽器の大きな差はやはり、歌口の形状の違いによる
"最適な息のスピードの違い"
なのではないかと感じてます。その差は多分僅かなものでしょうが、笛本来の響きを得るには重要なファクターなのだと思います。
あと、ついでに書いておくと、仮にケーナと尺八で合奏する場合は
 尺八      ケーナ
一尺八寸管    F管
一尺六寸管    G管
で合奏ができます。
もう一つ、ついでに書いておくと
尺八の方では、その尺八の最低音 (筒音といいます) が
例えば 筒音が"C"なら "C管"という呼び方をしますが、
このC管(二尺管)は、Cのスケールにはなってないんですね。
スケールとしては、E♭・Cmのはずです。
なもので、この呼称は、私には非常に違和感があるんですがねぇ~何故(・・?。
ちなみに
一尺八寸管も、筒音は、”D”ですが、前述のとおりFのスケールで吹くのが最適です。但し、尺八もケーナも3オクターブの音域をカバーできますが、少しカバーできる音域にズレがあるので注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

サニーヒル慰問演奏  2018/08/24

20180824

昨日は、うちのじいさんがデイサービスでお世話になっている
介護老人保健施設サニーヒルへ演奏に行ってきました。
今日はちっとしたお祭りの日らしく、その間に20分ほど時間をいただき演奏してきました。
曲目
noteコンドルは飛んで行く
noteアタワルパ
noteコーヒールンバ
noteベサメムーチョ~キエンセラ メドレー
note
note達者でな
以上6曲
うちのじいさんは、私と違い非常におしゃべりで、デイサービスに行くと、
 
「息子と嫁がこんなことしている、やら、あんなことしている」やら
 
吹聴しているそうな。
90歳sign01 口はまだまだ達者です。
以前、行ってたデイサービスのところでも演奏したことがあるので、
いつでも、OKsign03
って言ったら、早速行くことになった(^^ゞ
 台風が心配でしたが、前日通過したので大丈夫でした。
 
それにしても、今まであちこちこの手の施設に演奏に行かせてもらってますが、ここの職員さんは、一番ノリが良かったですね。
 親子ともども、お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

ケーナ製作 雑感

20180817quena150

すべての教室がお盆休みなので、1週間お休みです。
時間のある間に、ケーナを作っておくことします。
昨日、整理してたら作りかけのが2本あったので、仕上げてしまい、今日は新たに5本作りました。これで、秋から教室に、新しい人が入られても大丈夫でしょう。
 
 考えてみると、ケーナは、ちょっとした知識があれば、誰にでも作れる。
ケーナ製作者によっては、それこそ秘伝めいたものもあるだろうが、基本、寸法さえ間違わなければ、と云うか基本設計さえ間違えなければ、ほぼ調葎が必要ないレベルのものが偶然出来たりするんですよね。
 でも、ビギナーズラックは、そうそう続きませんが、今やネット検索すれば、作り方も紹介されてますし、作っていくうちに色々とノウハウも蓄積されてきます。
 あと併せて、必要になってくるのが、吹奏力を上げることでしょうか。作るのが好きというだけでは、いい"楽器"はできませんからね。
 まあ、最近ようやく、竹を無駄にすることが殆どなくなりました。でも、この間は、竹干しててずいぶん割ってしまいましたが・・・<(`^´)> ザンネン
 ケーナの難しいのは、どんなに良いケーナでも製作者のクセがあり、奏者の方も千差万別ですから、100%合うものなんてないでしょう。あとは、奏者が吹き方を合わせるか、ケーナを調整するしかないでしょう。そういう意味でも、作らなくても調整ぐらいは自分で出来た方がいいですよね。
 但し、ある程度吹けるようになるまでは、いじらない方がいいでしょうね。いじる前に、誰か上手な人に相談した方がいいと思います。まあ、大体、原因は笛ではなく、人間の方ですから。
 あと、あれこれ笛を取り換えるのもどうかと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧