« 新都山流大阪府支部本曲コンクール 観戦 2018/09/02 | トップページ | 本山食事会   2018/09/13 »

2018年9月11日 (火)

3Dプリンター 尺八とケーナ

20180911shaku

プラスチック尺八 悠 1尺8寸 (写真手前)
 
プラスチック射出成型機で製作されている安価な尺八として知られているが、問題点も多い。
第一に、射出成型機と尺八製作に必要な金型代に莫大な投資が必要であるとこはよく知られています。
この投資に見合う金額を考えるなら、「尺八 悠」は、破格の値段でしょうね。
営利というより、ボランティアといってよいレベル。ししかし、未だに、一尺六寸管すら追加されないのをみれば、これ以上の広がりは期待できないでしょう。
 
最近、新たな試みとして、尺八の3Dプリンター製作が始まったようです。もはや試作品のレベルでは完成しているようで、これから開発に一層の加速がつくことは間違いないでしょう。
一番メリットは、設計変更が容易な点ですね。基本的に一点一点製作するので、それこそミクロン単位で試作を重ねることが容易なようで、なお一層、楽器そのものの研究が進むのではないかと期待されてます。
 
長いものが製作できなかったりと問題もありますし、3Dプリンターの精度を求めるならまだまだ高価、個人レベルでは難しいでしょうが(^_^;)
 
3Dプリンター尺八、年内には販売されるのではという噂を耳にします。 
楽しみです。(^O^)
 
尺八と違って、元々安価なケーナは価格的なメリットはあまりないように思いますが、ケーナもそのうち出てくるでしょうね。
うちには、財政的余裕がないので、とても無理ですが・・・(^^ゞ

|

« 新都山流大阪府支部本曲コンクール 観戦 2018/09/02 | トップページ | 本山食事会   2018/09/13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116078/67154280

この記事へのトラックバック一覧です: 3Dプリンター 尺八とケーナ:

« 新都山流大阪府支部本曲コンクール 観戦 2018/09/02 | トップページ | 本山食事会   2018/09/13 »