« ケーナと尺八 | トップページ | 3Dプリンター 尺八とケーナ »

2018年9月 4日 (火)

新都山流大阪府支部本曲コンクール 観戦 2018/09/02

Belta

日曜日、注文いただいたケーナを届けるついでと言ってはなんですが、支部の本曲コンクールを久しぶりに覗いてきました。
今年は、大阪・阿倍野にある阿倍野市民学習センター(あべのベルタ3F)で開催されました。最近、支部の勉強会などもこちらで開催されることも多く、一度場所を確かめるのも目的の一つでした。
 
三十数年前、この辺りをブラブラしてた時期がありますが、その頃とは全く変わってしまってます。有名なあべのハルカスがあったり・・でもちょっと裏に入ると、歩いている人は、昔と大して変わらないような気もしますネ・・・(-_-;)
それはおいといて、本曲コンクールです。
到着したの11時半くらいでしたので、午後からの竹琳軒・大師範の部を見学させていただきました。
以前は、審査委員と演奏者の間に仕切りがあって直接見えないようにしていたのですが、今年は(去年からだったかな?)  それがなくなり、審査員と対面して吹奏する方式になっていました。本部での全国大会も数年前からそうなってたので、合わせたようです。
 
今年の課題曲は 『 木枯 』 
 
1923年11月,都山流流祖初世中尾都山が、関東大震災ののち,一面焼野原と化した東京の芝公園の丘の上に立ち,吹きすさぶ木枯しにあたって万感胸に迫り,即興的に作曲した尺八独奏曲・・・・解説書参照
 
応援してた先輩は、残念ながら優勝を逃しましたが、
全国大会へ向けて巻き返しを図る!と、意を決しておられました。
優勝目指して頑張ってくださいsign03

|

« ケーナと尺八 | トップページ | 3Dプリンター 尺八とケーナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116078/67129692

この記事へのトラックバック一覧です: 新都山流大阪府支部本曲コンクール 観戦 2018/09/02:

« ケーナと尺八 | トップページ | 3Dプリンター 尺八とケーナ »