« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月26日 (日)

ケーナと尺八

Quena201808

先日、尺八仲間から電話があり、ケーナを購入したいとのこと。
慰問演奏によく行かれるそうで、そういった時に、尺八だけではなく、別の楽器を取り入れたい云うことのようです。
この間、7本作ったところですが、追加で3本を作りました。
これで、内径16mm~19mmくらいまでのが出来、選択肢が広がったので、この中から選んでもらえればいいかなと思ってます。
 
ところで、尺八とケーナは、どちらも"たて笛のエアリード楽器"という点では共通していますが、異なる部分も多く、両方どちらとも上手く吹くのは大変です。
大きくは、違わないのですが、この少しの違いがかえって邪魔をします。
吹きこんでいけばいくほど、やはりどちらかの吹き方に体が特化していくのかもしれません。これを上手に切り替えられるぼと、少なくとも私は器用ではありません。
 
ケーナ ⇔ 尺八  双方持ち替えた時の違和感は未だにぬぐいきれません。
最近は、尺八を吹いている時間の方が長くなったせいもあり、吹き方も尺八寄りになってきているような感じです。
私が思うに、二つの楽器の大きな差はやはり、歌口の形状の違いによる
"最適な息のスピードの違い"
なのではないかと感じてます。その差は多分僅かなものでしょうが、笛本来の響きを得るには重要なファクターなのだと思います。
あと、ついでに書いておくと、仮にケーナと尺八で合奏する場合は
 尺八      ケーナ
一尺八寸管    F管
一尺六寸管    G管
で合奏ができます。
もう一つ、ついでに書いておくと
尺八の方では、その尺八の最低音 (筒音といいます) が
例えば 筒音が"C"なら "C管"という呼び方をしますが、
このC管(二尺管)は、Cのスケールにはなってないんですね。
スケールとしては、E♭・Cmのはずです。
なもので、この呼称は、私には非常に違和感があるんですがねぇ~何故(・・?。
ちなみに
一尺八寸管も、筒音は、”D”ですが、前述のとおりFのスケールで吹くのが最適です。但し、尺八もケーナも3オクターブの音域をカバーできますが、少しカバーできる音域にズレがあるので注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

サニーヒル慰問演奏  2018/08/24

20180824

昨日は、うちのじいさんがデイサービスでお世話になっている
介護老人保健施設サニーヒルへ演奏に行ってきました。
今日はちっとしたお祭りの日らしく、その間に20分ほど時間をいただき演奏してきました。
曲目
noteコンドルは飛んで行く
noteアタワルパ
noteコーヒールンバ
noteベサメムーチョ~キエンセラ メドレー
note
note達者でな
以上6曲
うちのじいさんは、私と違い非常におしゃべりで、デイサービスに行くと、
 
「息子と嫁がこんなことしている、やら、あんなことしている」やら
 
吹聴しているそうな。
90歳sign01 口はまだまだ達者です。
以前、行ってたデイサービスのところでも演奏したことがあるので、
いつでも、OKsign03
って言ったら、早速行くことになった(^^ゞ
 台風が心配でしたが、前日通過したので大丈夫でした。
 
それにしても、今まであちこちこの手の施設に演奏に行かせてもらってますが、ここの職員さんは、一番ノリが良かったですね。
 親子ともども、お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

ケーナ製作 雑感

20180817quena150

すべての教室がお盆休みなので、1週間お休みです。
時間のある間に、ケーナを作っておくことします。
昨日、整理してたら作りかけのが2本あったので、仕上げてしまい、今日は新たに5本作りました。これで、秋から教室に、新しい人が入られても大丈夫でしょう。
 
 考えてみると、ケーナは、ちょっとした知識があれば、誰にでも作れる。
ケーナ製作者によっては、それこそ秘伝めいたものもあるだろうが、基本、寸法さえ間違わなければ、と云うか基本設計さえ間違えなければ、ほぼ調葎が必要ないレベルのものが偶然出来たりするんですよね。
 でも、ビギナーズラックは、そうそう続きませんが、今やネット検索すれば、作り方も紹介されてますし、作っていくうちに色々とノウハウも蓄積されてきます。
 あと併せて、必要になってくるのが、吹奏力を上げることでしょうか。作るのが好きというだけでは、いい"楽器"はできませんからね。
 まあ、最近ようやく、竹を無駄にすることが殆どなくなりました。でも、この間は、竹干しててずいぶん割ってしまいましたが・・・<(`^´)> ザンネン
 ケーナの難しいのは、どんなに良いケーナでも製作者のクセがあり、奏者の方も千差万別ですから、100%合うものなんてないでしょう。あとは、奏者が吹き方を合わせるか、ケーナを調整するしかないでしょう。そういう意味でも、作らなくても調整ぐらいは自分で出来た方がいいですよね。
 但し、ある程度吹けるようになるまでは、いじらない方がいいでしょうね。いじる前に、誰か上手な人に相談した方がいいと思います。まあ、大体、原因は笛ではなく、人間の方ですから。
 あと、あれこれ笛を取り換えるのもどうかと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

三木市小林地区納涼大会 2018/08/11

Miki20180811

三木市小林地区納涼大会
2018年8月11日(土・祝日) 18:00~
-----------
久しぶりに、外でのライブです。
ちょっと前のこと、三木山フォルクローレ音楽祭の主催者から、
だれか出演してくれる方はないかと電話をもらったのですが、
時期と場所のこともあり、どうかなぁ~って感じでした。
仕方がないので、私ら夫婦と最近一緒にやっている友人の3名で、
「おまつ堂」としてで出演してきました。
 
帰省ラッシュも始まり、渋滞する阪神高速・第二神明を避け
うちから、六甲山越えで現地入り。
 
到着すると、もうひと組フォルクローレの枠で出演するという
グループが練習してました。
そういえば、そんなことを言ってたような・・・
でも、詳しい話は何もなかったよなナ・・・まあいいかcoldsweats01
 
急遽、曲とかかぶらないかどうか打ち合わせし、
出番は私らが先ということになりました。
 
なかなか、アバウトなイベントです。(^^ゞ
 
今回、私らは、歌メインで
メルセデス・ソーサの曲を3曲
note Hermano Dome Tu Mano
note Solo Le Pido a Dios ただ神に祈ることは
note Cuando tenga la tierra この手に大地を
 
を演奏させていただきました。
関係者の皆さん、お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

ケーナ修理

20180811001

最近、笛が割れるという話をよく聞く。
知り合いの尺八も割れたり、ケーナも割れたという話もちらほら。
気候の変動が激しいのも一因でしょうか?
 
この間、生徒さん数名とカラオケで練習している時、
ひとりの生徒さんのケーナが割れた。
笛ってエアコンも苦手ですよね。
 
だいぶ割れてたので、補修するのにどうしようかと思いながら
ネットをみてたら、パイプを固定する為の金具があったので
試しに買ってみた。
 
割れたところにエホキシを流し込み、これで締めてみたら
結構上手くいった (*^_^*)
 
若干の補強と、ついでに再調律も実施。
たぶん前より鳴りは良くなったと思います。
今日、来られるというので待ってたら、先ほど取りに来られました。
頑張って練習してください。(^^ゞ
 
 
金具を買った、「モノタロウ」から
後日、こんなカタログが送られてきた。
 
わたしゃぁ~ 工事業者じゃないんですけど・・・(^^ゞ
20180811002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »