« 第90回 箏・三絃・尺八による邦楽演奏会  伊丹三曲協会 | トップページ | 邦楽独奏研修会  2018/04/01 »

2018年3月14日 (水)

TRIO Marcelo-Daijito-Wilson : Concierto en KOBE  2018/03/25

Line_p2018314_161754

TRIO Marcelo-Daijito-Wilson : Concierto en KOBE

神戸公演

日時 2018年3月25日(日)

   15:00開場・15:30開演

会場  神戸聖愛教会 ⇒Googlemap 

出演 マルセロ・ペーニャ(ケーナ)

   福田大治(チャランゴ)

   ウィルソン・モリーナ(ギター&ボーカル)
----------------------------------------------
ご案内をいただきましたので、掲載させていただきます。
京阪神は、こちらだけのようですし、ぜひお勧めです。

S__41484306_0

★演奏者プロフィール

マルセロ・ペーニャ;
1957年ボリビア・コチャバンバ出身。現代最高峰のケーナの巨匠。幼少期の8歳よりペーニャ・ナイラ(ラパス)を拠点に音楽活動を開始。77年~83年に創立者の1人として活躍した伝説のトリオ「ホセ・ホセロ・マルセロ」は、ボリビア・ネオフォルクローレ(新しい民俗系ポピュラー音楽)の一大黄金期を築いた。90年代には4度にわたり「ルス・デル・アンデ」のメンバーとして来日した。

福田大治;
1966年京都出身。ボリビアチャランゴ協会(SBC)日本代表演奏家。90年代中期より8年間暮らしたボリビアや他のラテンアメリカ諸国では数多くのトップアーティストらと共演・レコーディングを重ねている。07年、ボリビア共和国政府より現代チャランゴ界最高位の勲章「マエストロ・ディプロマ」を授与される。

ウィルソン・モリーナ;
1971年ボリビア・ラパス出身。90年代に「ルス・デル・アンデ」の歌手として数度来日、そのボリビア有数の美声は日本でもファンが多い。現在は南部タリーハ系の音楽を得意とする自身のグループ「シン・フロンテーラス」などで活躍中のほか、ギタリストとして多数のユニットで凄腕を発揮している。

|

« 第90回 箏・三絃・尺八による邦楽演奏会  伊丹三曲協会 | トップページ | 邦楽独奏研修会  2018/04/01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116078/66496373

この記事へのトラックバック一覧です: TRIO Marcelo-Daijito-Wilson : Concierto en KOBE  2018/03/25:

« 第90回 箏・三絃・尺八による邦楽演奏会  伊丹三曲協会 | トップページ | 邦楽独奏研修会  2018/04/01 »