« 本山食事会 2018年2月 | トップページ | 第90回 箏・三絃・尺八による邦楽演奏会  伊丹三曲協会 »

2018年2月18日 (日)

雅楽 打ち物

201711230225_2
先日、中学校の雅楽観賞授業に、"にわか太鼓奏者"として参加させていただきました。(^^ゞ
私、篳篥はやってるんですが、打ち物は初めてでした。
演奏も大変なんですが、楽器体験があるというので、雅楽の太鼓の事も話をしないといけないので、急遽色々と調べてみました。
----------------------
雅楽のうち、管弦(楽器のみの演奏)で使われる打ち物(打楽器)は
●樂太鼓(がくだいこ)
●鞨鼓(かっこ)
●鉦鼓(しょうこ)
の3つ
舞楽(踊りを伴う形式)では
●鼉太鼓(だだいこ)
という巨大な太鼓もあります。⇒参照ページ
201711230226
分解してケースに収納されているのを組み立てます。
ねじ止めとかする訳ではなく、パーツをはめて行くだけで、一か所だけ"くさび"で止めているだけです。
201711230227
色鮮やかな打面に描かれている模様は、「唐獅子」らしい。
因みに、枠に釣ってあるので、釣太鼓ともいう。
撥は、まっすぐの棒ではなく、先についているのは鹿皮だそうです。
201711230231
●鞨鼓(かっこ)
 両面を長めの撥で叩きます。
 鞨鼓の奏者は、楽団のリーダーであり指揮者の役割を担います。
201711230229
●鉦鼓(しょうこ)
 鉦鼓は、真ん中に釣ってある金属製の摺鉦(すりがね)をたたく楽器です。
201711230230
これに、
管楽器---笙・龍笛・篳篥
絃楽器---箏・琵琶
で演奏されます。
この日は、琵琶はなかったですが。
 
演奏の方は、なんせ初めての打ち物で、緊張しました。私ひとり冷や汗かいてました。bleah
雅楽の拍子は特殊で、西洋音楽に慣れ親しんだ?私には中々手ごわいです。篳篥を吹くときは少しは雅楽の拍子に慣れてきたと思ってましたが、いざ、太鼓をたたいてみると、まだまだダメだと思い知らさせました。いい勉強をさせていただきました。
何度か、本物の樂太鼓は見る機会はありましたが、実際に叩くのは初めてでした。いい経験をさせてもらいました。

|

« 本山食事会 2018年2月 | トップページ | 第90回 箏・三絃・尺八による邦楽演奏会  伊丹三曲協会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116078/66407484

この記事へのトラックバック一覧です: 雅楽 打ち物:

« 本山食事会 2018年2月 | トップページ | 第90回 箏・三絃・尺八による邦楽演奏会  伊丹三曲協会 »