« 2017年5月 | トップページ

2017年6月22日 (木)

尺八中継ぎのゆるみ修理をしてみよう!   <まとめ>

2017062204

尺八の中継ぎのゆるみを修理くらいしてみようsign03
 (上塗りのみ)
 
尺八は、上管・下管に分割できるようになってますが、
長所としては、かさばらず携帯に便利
短所としては、抜き差しを繰り返すと”ゆるみ”がくる。
 
塗ってある「漆」が摩耗したり、漆自体が収縮するようです。
なるべく、普段は、つなげたままにしているのですが、
それでも、ゆるむ!
なので、定期的に漆を重ね塗りしないといけない。
 
通常、買った製管師さんのところへ持ってゆくと、
大概無料でしてくれる。が、数日は待たされるし
天候の具合では、もっとかかることもある。
それに・・・・・
行くとまた余計なものを買ってしまう恐れが・・・wobbly
 
そんなこんなで、自分でやってみることにした。
2017062202_2
前回は、カシューを使ってみたが、色々聞いてみると
やはり、天然の漆の方が良いようなので、
思いきって、どうせなら良いのにしようかと
●日本産の天然漆、黒呂色を買ってみた。
あと、希釈用にテレピン油
●刷毛は、そうこだわらなくてもいいかとそのまま
塗りやすいように少し先を切りそろえました。
 
●温度・湿度計、これは使ってたものを流用。
2017062201
漆は、どうしてもカブレル心配があるので、
●作業用のゴム手袋
・・・箱入りで数百円でどれだけ入っているんだってくらいある。
●乾燥用のムロの代用にプラスチックハードケース
・・・結果、段ボールの方が良かったかもしれません。
 
作業工程は
1 刷毛は、テレピン油で洗う。
  不要な油分があると固まらないらしい。
2 漆とテレピン油を同量程度混ぜる
3 刷毛を使って均一に塗る
4 ムロに入れて乾燥(厳密には硬化)させる。
   漆は、湿気を吸って硬化するそうだ。
 *湿度と温度の管理が重要
 
・漆が乾くのに最適とされる条件
  湿度 70%~85%
  温度 24℃~28℃
  環境 空気の動かない場所
2017062203_3
前回、カシューを塗った尺八は、ペーパーをかけて
はがし、改めて漆を塗りました。
比べてみると、漆とカシューでは全然違います。
漆は、硬化すると硬いのに何とも言えない
弾力を感じるが、カシューにはそれがない。
塗るのも、漆の方かきれいに塗れます。
やはりホンモノには、固有の良さがありますね。
 
あと、難しいのは湿度の管理でしょうか。
ハードコンテナで密封すると湿度が
上がりすぎます。ふたを適当にずらして
調整する必要があります。
木箱や段ボールのように吸湿性のある
素材のものの方がどうやら良いみたい。
温度は、この時期問題なしでした。
温度・湿度計は、必須ですね。
 
あと反省点は、多分、もう少し漆を薄めて
何度か重ねて塗った方が良かったのかもしれません。
尺八3本に縫ってみましたが、
余り、ゆるみが大きくなかったせいか、
1本は2回、あとは1回だけで大丈夫のようです。
吹いてみましたか、特に不具合はないようです。
 
とりあえずは、なんとかなりましたが、
変な事をしてないか心配です。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

陽気ぐらし講座演奏   2017/06/21

2017062101

陽気ぐらし講座にて、演奏させていただきました。
2017年6月20日(火) 14:30~15:30
場所  天理教湊二分教会
出演  おまつ堂
演奏曲目
 
邦楽----
note 春の海           宮城道雄作
note トワイライトセーリング  水川寿也作
note 哀歌             吉崎克彦作
 
フォルクローレ---------
note アタワルパ
note コンドルは飛んで行く
note 君の影になりたい
note 川の流れのように
note コージャ族のクエカ
note コーヒールンバ  
2017062102
 
今回、途中で着替えがあるので、
作務衣で演奏してみました。
2017062103
私が育った町、「長田」で演奏させていただきました。
地元だけに、両親や親戚をはじめ、
カミサンのお母さんや妹さんまで登場!
知った人ばかりで、結構やりにくかったです。
おまけに、箏の調弦している間、
私がしゃべらないといけないので、
なんだか、のどカラカラで、弱りました。(^^ゞ
でも予想してた倍以上の方がお越し頂き、
喜んでいただけたので、ホッとしました。
 
実は、阪神淡路大震災の折、
被災した私は、とても避難所では生活できず、
こちらの教会でしばらく、お世話になりました。
そんなこともあり、ちょっとでも、恩返しがさせて
頂けて、嬉しく思います。
 
また、他でも演奏をというお話を頂きました。
邦楽とフォルクローレのセットで
また、楽器を組み替えてみるのも悪くないかな(^^ゞ
色々と遊べそうです。
 
最後に、来て頂いた皆様ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

「陽気ぐらし講座」にて演奏  2017/106/20

20170614

陽気ぐらし講座 --------------
 
日時 2017年6月20日(火)
    13:30~15:30
場所 天理教湊二分教会
    神戸市長田区水笠通5-20
         ⇒Googleマップ
 
第一部 お話 
      講師 竹川東一郎先生
 
第二部 邦楽&フォルクローレ演奏
      出演  おまつ堂(おまつ&カズミ)
 
参加費  無料
-------------------------------
うちの実家の近所で演奏させていただきます。
平日ですが、もしお暇な方はのぞきに来てください。
どなたでも、ご参加いただけます。
 
演奏は、14:30~の予定です。今回1時間くらい時間をいただいたので、フォルクローレと邦楽の両方を演奏させていただきます。
ちなみに、
邦楽notenotenote
尺八:おまつ  箏:カズミ 
フォルクローレnotenotenote
ケーナ:カズミ ギター:おまつ
で、やります。よろしく!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

本山食事会 6月  2017/06/08

20170608000

今月の曲目------
 
note 女ひとり
note 大阪ラプソディ
note 水色のワルツ
note 長崎は今日も雨だった
note 糸        (箏伴奏)
note 荒城の月 (箏伴奏)
note Memorias del Tiempo2
note Atahualpa
note Todos Juntos
note Moriendo Cafe
note  水戸黄門
今月もやってきました。
今月から、会場のレイアウトを変更し、
演奏は、入口横になりました。
ケーナ教室の発表会も、
この方式でやる予定です。
 
ちなみに、合同発表会の日時ですが、
----------------------------------
日時 2017年10月15日 (日) 13:00~
場所 本山第四住宅集会所
----------------------------------
を予定しております。
20170608002
演奏終了後、「本日のおやつ」
ようかん、
抹茶の味が結構しっかりしてました。
20170608001
地域限定「カントリーマーム」も
これで、全国制覇したそうです。
最後は、あまおう苺ミルク味
20170608003
いつも、お手伝いしてくださる方が折った
「ミニミニ でんでん虫」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ