« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月30日 (月)

第7回ケーナ教室合同発表会のお知らせ

今年も、ケーナ教室合同発表会をおこないます。

第7回ケーナ教室合同発表会

●日  時 2012年9月30日(日)

       12:30~16:00(予定)

●場  所 伊丹アイフォニックホール(伊丹市立音楽ホール)

       小ホール2 (1F)

             〒664-0895 伊丹市宮ノ前1丁目3番30号
              TEL(072)780-2110 / FAX(072)780-2120

●出 演 ロス・ガランドス (新長田教室)

      グルーポ・マルテス (新長田KCC教室)

      ムツワ (新長田KCC教室)

      ロス・ミントス (三宮KCC教室)

      飛鳥の風  (奈良YMCA音楽院)

      アマネセール (ペレーネカレッジ大久保教室)

      ソル・デ・ラス・インディアス (ダンス)   他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

一富士二鷹、河内音頭によせて

201207292

新都山流大阪府支部 三曲合奏研究会

日 時 2012年7月29日(日)10:00~

場 所 弁天町市民学習センター 

講 師 菊重精峰氏

課題曲 河内音頭によせて

     一富士二鷹

----------------

講習会へ行ってきました。

定期演奏会の下合わせも兼ねた研究会です。

午前中、尺八だけの練習をして、

昼からは、菊重精峰氏と社中の皆さんをお迎えしての合奏練習。

まずは、”一富士二鷹”から、

箏、三弦、尺八は二部合奏

楽譜を見ただけでは、いまいち曲のイメージがわかない!?ので

会場で売ってたCDを買ってしまいました。

Ichoikkan

菊重精峰作品集 ”一丁一管”

太田道嶺(おおたみちみね)

太田道嶺さんは、昨年から新都山流大阪府支部の定期演奏会にも

出演していただいてます。

次に、”河内音頭に寄せて”

定期演奏会の演目ということもあり、みなさん結構練習しておられるようでした。

今回、定期演奏会は、基本的に個人で自由に曲をエントリーできることもあり、

この曲には、支部員40名近い申し込みがあったそうな。

う~ん、舞台に全員のるのかどうか (・・? 

どうなるかお楽しみ(^-^; ですな。

菊重精峰さんの曲の全体的な印象は、

尺八吹きにとっては、比較的、合奏しやすい感じでありながら、

チョコッ、チョコッと、こんなんどうじゃ~と、心くすぐるような

エッセンスをちりばめた曲って感じですかな。

”河内音頭・・”ももう少し完成度をあげないとね。

頑張ろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

新都山流大阪府支部 三曲合奏研究会  2012/07/29

明日は、

新都山流大阪府支部 三曲合奏研究会

日 時 2012年7月29日(日)10:00~

場 所 弁天町市民学習センター <下部地図参照>

講 師 菊重精峰氏

課題曲 河内音頭によせて

     一富士二鷹

”河内音頭によせて” は、支部定期演奏会(10/27)の演目となってます。

下合わせも兼ねての講習会でもあり、

今回は、支部員以外にも、お箏の受講希望者も参加されます。

ちなみに、今回の定期演奏会は、色々と新たな試みがなされております。

------------------------------------------------

新都山流大阪府支部 第三十四回定期演奏会

日 時 平成24年10月27日(土)

場 所 八尾市立文化会館 プリズムホール <地図

------------------------------------------------

最大のポイントは、

曲目は、”抜粋なし” 全曲を演奏すること

中には、20分を超える大曲もあります。

一般的な演奏会で全曲演奏されることはあまりなく、

参加者にはたっぷり演奏していただこうということで、

今回は、あえて 時間制限なし ”全曲で”という試みです。

演奏会曲目一覧

1 本曲 八千代

2 唐臼のある風景

3 篝火

4 本曲 和光

5 越後獅子

6 富士

7 郷音

8 桂男

9 協奏曲風輪舌

10 二葉のかおり

11 新浮舟

12 春の夜

13 惜春の賦

14 夏夜の曲

15 今年の桜

16 寒砧 

17 河内音頭によせて

18 岸辺にたちて

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

コンサートのご案内を頂きました。

ご案内をいただいたので、二件ご紹介します。

20120804

第10回阪口夕山 尺八リサイタル ~おもむくままに~

日 時 2012年8月4日(土) 15:00開演

場 所 ムラマツリサイタルホール

七孔尺八を用い、和と洋の融合を目指した演奏に

力を注いでおられるようです。

古典本曲もあり。

ゲストも多彩で面白そうです。

20120811

諸流派 尺八本曲 独奏会 

第十一回 一本竹

日 時 平成24年8月11日(土) 10:30開演

場 所 高槻市生涯学習センターホール (市役所2F) <地図

こちらは、打ってかわって、尺八本曲独奏オンリー。

諸流派が一堂に会し、各流派の尺八独奏曲のみを演奏するという演奏会。

ちなみに、新都山流からは、大阪府支部長を務める 

辻元心山先生が出演されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

デイサービスながら

__20120724

5月に続き、今月もグルーポ•マルテスの皆さんと演奏してきました。

演目は

♪シクリス ♪砂の城 ♪コーヒールンバ ♪花祭り

♪コンドルは飛んで行く ♪ペルーの太陽

♪川の流れのように ♪ここに幸あり ♪いい湯だな ♪ふるさと

今日は、出演者の人数が少なかったですし、

ほぼ、ぶっつけ本番でしたが、何とかこなしました。

皆さんもだんだんと、慣れてきましたかな。

カミサンは、このあと近畿ろうきん関連のイベントへ

私は、教室があるので不参加でした。

代わりに、ギターをサカイゆーじさんにお願いしました。

こちらも、なんとか無事終えたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

雅楽練習 セメの役割

Img_9325

昨日は、雅楽の練習でした。

盤渉調(ばんしきちょう)

雅楽は、12音律を用いた音楽です。各音に音名がついてますが、

盤渉は、洋楽でいう ”B” (シ) になります。

------------

ちなみに、尺八も同じく、この音名を用いることがあります。

一尺八寸管の筒音(全部押さえて出る音)は

”壱越(いちこつ)”(D) とかいったりします。

尺八の曲にも ”壱越” ってタイトルの曲ありますよね・・・。

尺八も元は、雅楽の楽器として日本へやってきたそうですから、

基本の音楽理論は同じものを使っている訳です。

----------

話がそれましたが・・・

盤渉の曲は、神式のお葬式などによく演奏されるので、

祭事に演奏される ”平調(ひょうじょう)”の曲とともに

演奏される頻度が高い。

雅楽の曲で最も有名な曲 ”越殿樂”も 盤渉と平調があり

(あと黄鐘”おうしき”ってのもある)

祭事には、平調  お葬式には盤渉 と吹き分けられる。

タイトルは同じでも、単に、曲を移調したというのはではなく、

ほぼ別の曲という趣きです。

盤渉はやっぱり、なんとも言えず落ち着いた雰囲気です。

曲の練習とともに、今、悪戦苦闘してるいのが、篳篥のリード製作(^-^;

Img_9326

昨日は、色々と ”セメ” (藤でできたリング状のモノ) の改良をしてみました。

・・・・改良といってよいのやら・・・わかりませんが・・・手探り状態です。

先生、曰く

リードは、作ってしばらくは、リード自身がまだ、”葦”の気分でいるので、

もとの”葦”へ戻ろうとする。

大体、リードがなじみ演奏に使えるようになるまで、3か月~半年

その間、じっくり育てないといけない・・・そうな。

セメは、リードの吹き口部分が、丸く元にもどろうとするのを押さえ、

演奏するのに最適な隙間を維持するための道具。

あまり押さえつけると、リード自身の振動を殺してしまい、鳴らない。

ゆるすぎると、リードの隙間が広がりすぎ、鳴らない。

上手く、リードの沿うように丸みや角度を調節しながら、手で曲げ、削り、

糸で縛る。

失敗しながら、その絶妙な加減を習得していかないといけない。

ε= (´∞` ) ハァー 道のりは遠い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

何だ?! この500円玉(・・?

Img_9321

何気なく、お釣りでもらった、500円玉

自動販売機で使おうとしたら、チャリーン!

返金された。 ヽ(~~~ )ノ ハテ?

ひょっとして偽物か? 

ちょっと前に出回ってた、「500ウォン硬貨」かと思ったぜい。

Img_9323

よ~く見ると、デザインが違う。「地方自治」なる文字が書いてある。

ネットで調べたら

「地方自治法施行60周年記念貨幣」 らしい。

しかも "日本貨幣史上初となるバイカラー・クラッド貨"

とかいうものらしい。

何やら、各県ごとに発行されているようで、

中には、色つきのコインもあるようだ。

詳しくは、こちらで

http://www.taiseicoins.com/product/47/2012/

たぶん、スーパーのレジでもはじかれそう・・・

う~ん、ちょっと めんどくさ。 (ノ_-;)ハア…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

新曲講習会  神戸・あすてっぷKOBE 2012/07/16

201207161

第1回新曲講習会  阪神幹部会主催

2012/07/16 13:00~16:00

講師 尺八 森田耕山

    絃方 桜井聡子・桜井聖子

1曲目は、

祈詩REN-MEN 吉崎克彦作曲

十七絃と尺八(六寸管・八寸管)の曲です。

基本、一管一面でやる曲でしょうね。

五孔尺八では、替え指を効果的に使わないと難しいですし、

使ってもなおかつ、半音の音程の不安定さが気になります。

曲としての完成度を求めるなら、

七孔尺八の方がいいでしょうね。きっと。

201207163

次は、

星空への想い  菊重精峰作曲

こちらは、箏・十七絃・尺八(六寸管・八寸管)の曲

難易度は、「祈詩・・・」よりは、易しいかな。

こちらは、菊重精峰さんのデヴュー作だそうです。

演奏会で演奏されるとこも多いとか。

11月にはまた、講習会があるそうです。

御世話いただいた、阪神幹部会の皆さま

ありがとうございました。

それにしても、この連休は、邦楽三昧でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜芽会第34回定期演奏会 観てきました。

生田流筝曲桜芽会 第34回定期演奏会

2012/07/15 13:00~

ハーバーホール

---------------------------------

昨日は、珍しく何も用事が無くなったので、

新都山流 森田耕山先生も出演されている演奏会を観に行きました。

そのほかゲストに、

阪口夕山 尺八

菊重精峰 箏・三弦

菊重先生は、今年の新都山流大阪府支部定期演奏会にも

出演されます。

それにしても、こちらの演奏会

毎年、作曲家へ曲を委嘱し、新曲を披露しているとか。(@_@;)

今年の曲は、

「桜ing」 菊重精峰

"桜"がずっと続きますようにとの願いから作曲された曲だそうです。

"桜"と"永遠" 相反するテーマではありますが・・・

あと、気になったのは、「七孔尺八」 八孔かな?

阪口夕山さんが吹いてはりました。

新曲を吹くには、多孔尺八は絶対有利ですね。

ちなみに、本日は、森田先生の尺八講習会が神戸であるんですが、

課題曲、「祈詩REM-MEN」 「星空への想い」

どちらも、"多孔尺八"で吹けば、案外簡単かも・・・と

五孔尺八で練習していて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

ケーナの個人レッスン

昨日は、新たに、ケーナの個人レッスン希望の方が来られました。

三木山フォルクローレ音楽祭でケーナを買って、個人で練習していたそうですが、

思うように音が鳴らないということで、来られました。

で、思ったのは・・・

ケーナに限らず、初歩の段階では、変に独学で頑張らない方が、

上達への近道かと思います。

だいたい、わからないままアレコレやっていると、変な癖がついて

まず、それを取ることから始めないといけないケースが多いです。

今まで、ケーナ体験レッスンなどでも、

全く触ったことが無い人の方が、意外とすんなり音がでることが多いですしね。

私自身も、ケーナは独学でずっとやってきましたが、

ここ数年前から、尺八を習い初めてわかりました。

ケーナもちゃんと教えてくれる人がいたら、

多分、苦労は半分で済んだんじゃないかなと(^-^;

只、自分自身、苦労した分、人に教えることには役だってますけどね。

本日の生徒さんも、最初は、ヒョロ~ヒョロ~シュ~ でしたが、

最後には、ちょっとずつ、ケーナらしい音に近づきました。

次回のレッスンまで、ちゃんと練習してくれるかなぁ~ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

ギターが修理から帰ってきました。

Img_9320

先週には、連絡をもらってたのですが、なかなか楽器屋さんまで行く時間がなく、

昨日ようやく、取りに行ってきました。

昨日は、奈良の教室終了後、担当者の方が今度退職されるとの事で、

ご挨拶などしておりましたら ( 色々と御世話になりました。m(__)m )

時間が、19:42

ダッシュで、楽器店へ 

閉店時間(20:30)ギリギリ到着 (´▽`) ホッ 

久しぶりにぶっ飛ばしたぜぃ

修理の方は、故障個所も、どうやらうまく直ったみたい。

今回は、メーカーへ送り返しての修理でしたが、

代金も、予想よりも、大幅に安く済んで、助かりました。

さすが、"Yairi"さんです。

「永久保証システム」とやらは、ダテではない

(T▽T)アハハ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

新曲講習会 課題曲 祈詩REN-MEN

Img_9318

この間、神戸であった本曲講習会の時に、案内を頂いたので、

何も用事が無ければ、行きたいと思っているのですが

第1回新曲講習会 (阪神幹部会主催)

課題曲の一つ、とりあえず、どんな曲かと思い、

「祈詩 REN-MEN」 吉崎克彦作曲

の楽譜とCDを買ってみました。

おおっっ コレ結構大変な曲ですなぁ (;~〓~) アセアセ

相当練習しないと、できないですよ・・ほんと・・

六寸・八寸の持ち替えもあるし・・

こんな曲の講習会というのも、興味ありますなぁ。

やっぱり、覗きに行ってみましょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

本部主催本曲講習会  神戸・みなとじま会館 2012/07/08

__201207081

今日は、本部主催の本曲講習会へ行ってきました。

2012年7月8日(日)10:00~16:00

みなとじま会館

講師 荒木 禄山氏

課題曲 「峰の月」「若人の歓び」

------

今年のコンクール課題曲「峰の月」の講習でした。

特に、新たな収穫といったものはなかったですが、

いい練習になりました。

「若人の歓び」は比較的演奏する機会も多い曲なので

皆さん、合奏も手慣れたものでした。

このあと、

宗家代理が、「星・月・花(合奏編)」の講習をされました。

この曲は、宗家が、初心者にも簡単に吹けるようにと、

全音だけで作曲された曲ですが、

今回は、二部合奏曲に編曲されてました。

初めてということもあり、

意外とこれに苦戦されている方がおられました。

まぁ・・・三拍子はねえぇぇ・・イマイチ・・・

最後は、数人ずつで合奏。

今日も、尺八三昧の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

カフェ・トレピエで尺八レッスン始めました。

_20120706_2

Cafe トレピエ

尼崎市南武庫之荘3-36-1 尼崎市女性センタートレピエ1F

06-6431-2477

昨日(金曜日)の午後2時半から、尺八のレッスンをしてきました。

尺八は、とりあえず私の持ってる ブラ管尺八「悠」をお貸ししての

練習です。

いきなり、高価な尺八を買っていただく訳にもいきませんし、

ブラ管の方が、安定した品質ですし、音も、思いのほか良いですし、

目を閉じて聴き比べれば、初心者にはその違いがわからないですしねぇ。

まして、音があまり出てない間は、吹いても音はたいして差が無いし・・・

とりあえず、初日は、何とか音が出たので、ひと安心 (´▽`) ホッ

まぁ、気長に参りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

7月お食事会 「七夕会」  2012/07/04

Sasa01y

お食事会に出演してきました。

今月は、また第一週の水曜日に戻りました。

テーブルには、"七夕飾り"

いつもながら、上手に作ってはります。

Sasa02t

今月もサカイゆーじさんが来てくれました。

本日の演目は、

♪素焼きの瓶  ♪ククリーノ ♪シクリス

民謡

♪北海道民謡 たらつり節

懐メロ

♪潮来笠 ♪好きだった ♪黄色いさくらんぼ

♪御座敷小唄  ♪情熱の花

踊り

♪二輪草 あと一曲・・なんだっけか・・(・・?

あと、

たなばた ♪笹の葉さらさら

Choco_2

終了後のティータイム

今日は、東京スカイツリー ショコラ でした。

そういえば、私、まだ、東京タワーにものぼったことがありません。

東京タワーとは、同い年なので、

どちらかといえば、東京タワーの方に親近感がありますが・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

カサデラパパ そろそろ再開!

Papa

昨日、南米民族楽器専門店カサ・デ・ラ・パパに久しぶりに行って、

店主の前田さんに会ってきました。

頼まれてたのは、商品の写真撮影と、スカイプの設定。

退院後、自宅での療養中の前田さんですが、

だいぶ足どりもしっかりしてきて、元気になってきてます。

只、毎日奈良の自宅から新大阪のお店へ出勤というのは、

まだまだ、体力的にキツイらしい。

当面は、Webショップの再開と、電話での注文を中心に店を再開したいようです。

ご本人、秋の「コスキン・エン・ハポン」へは出店すると張り切っております。

何かご用命のあるかたは、お電話で!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »