« 今日は、女子会?(・・?  エスニック料理 | トップページ | 尺八勉強会  2012/06/30  たかつガーデン »

2012年6月29日 (金)

篳篥リード作り、「ひしぐ」

Img_9289

このところ、忙しくてリードを作る時間が無いですが、

久しぶりに、一日空いたので、作ってみました。

今日は、表皮を削って和紙をまいた葦を、「ひしぐ」工程です。

ちなみに、ひしぐのは、湿気の多い今の時期が良いそうです。

まずは、何も巻いてない方の穴をふさぐ為の、

木製の栓」(写真手前)が必要です。

とりあえず、見よう見まねで、木の棒を削って作りました。

あと用意するのは、カセットコンロと水

●カセットコンロで、「ひしぎこて」を炙り

●リードを水にくぐらせ、栓をして

●和紙を巻いた方を、"こて" で挟んで、火で炙り、先をペタンコにする。

●濡れたのを乾かすようにしながら、こてで押さえると、

 水蒸気の力で葦が自然と変形していく。

まぁ、書くとこれだけの工程ですが、

これまた、こての炙り加減、火加減、炙る時間、力の入れ加減・・等など

全くの 「カン」 w( ̄o ̄)w オオー!

   ワッ、焦げた・・ワッ割れた・・・あぁぁ

失敗しながら、覚える訳です。

何事も、「コツ」 は "力を抜くこと"  なんですが、

これがねぇ・・難しいんです。

自作リードで、篳篥を吹く日は、近い・・・カナ(・・?

|

« 今日は、女子会?(・・?  エスニック料理 | トップページ | 尺八勉強会  2012/06/30  たかつガーデン »

コメント

「ひしぐ」って言うんですか? どこの葦が良いとかあるんでしょうね。 奥が深そうです。

投稿: シャープ イー | 2012年6月30日 (土) 00時41分

シャープ イーさん、お久しぶりです。

あっ、そういえば「テレビ」拝見しました。

葦ですが、ある程度、人の手入れの行きとどいた葦原のものでないと、良いリードは作れないそうです。
そのうち、生えているところも見てみたいのですが。

投稿: おまつ | 2012年6月30日 (土) 22時26分

お久ぶりです。アナログ人間なんでなかなか出て来にくいんですが、篳篥の文字にがまんできませんでした。
少し前 工房の近所の方が「こんなん出てきた!」と篳篥を持ってきてくれたのですが、リードもボロボロでどうにもならなくて眺めてるだけだったんです。
差し支えなければ色々教えて下さい。

投稿: シャープ イー | 2012年7月 1日 (日) 00時40分

篳篥は、リード命!なので、自分でも作りたくて、この間初めてリード製作講習会へ参加したばかりです。
教えられるほど、まだ会得してませんが、私にわかることであれば、なんなりと。

投稿: おまつ | 2012年7月 1日 (日) 08時30分

大篳篥が気になって、発生当時のことから追いかけてみました。

タジキスタンやトルコにメイやDuduk等というのがありこれらが元のようです。

Dudukのリード製法は篳篥と大分違っていて、(C管と臚舌を入手しました)
表に8穴、裏の上下に2穴あり、
C管とは全開時の音程を表していて、
運指の考えが無く、
低,G,A,B,C,D,E,F,G,A,Bb,C,高の全音だけが出るようで、いつもは下のB位しか使わないようです。

先をつぶした金属円筒を加熱して、一気に整形、セメも少しは違うが有り、帽子は円筒を半割にして必要なところを削り、糸で縛って形作り、セメに糸で繋いであります。
これらはYoutubeで探すと見られます。

臚舌との違いは一片の厚みが2mm近くあり、
側面が何かで補強されています。
篳篥用が3ヶ月くらいなのの対し3年くらい使えるそうです。
これだけ厚いのに低い音では発音しますが、(VP13エンビ管で代用シャリュモーを作りました、IHVPは丈夫ですが音が少し劣る感じがします)
最高は臚舌だけでも、E5くらいまでしか出ません。

同じ長さでBbクラリネット、マウスピースと、ケーンリードで鳴らしてみますと(簡易シャリュモーです)ドイツ運指でC4からD5まで出ました。(アンブシュアが難しいです)

オーボエのケーンでも鳴らせるか、リードを探しているところです。

投稿: 猫翁 | 2013年8月 6日 (火) 22時37分

こんにちは 最近3Dプリンタで 篳篥に合わせてマウスピースを作り 寸法配分で 篳篥のように吹き方で音程が変えられる様に出来ました。しかし一定以上に強く吹かないと上手く鳴りません。弱く 吹けるようにするためにはどの様な方法がありますでしょうか? 音が大きすぎて、(騒音?)鳴らすことが出来ません。

投稿: nekonoko | 2016年6月23日 (木) 17時10分

nekonokoさん、こんにちは
マウスピースで鳴らすというのが、よくわかりませんが、そもそも、音の強弱やピッチの調整は、吹きだす息圧と唇の微妙な力加減で成立しているので、マウスピースでならすというのは、どうなんですかねぇ?
もう別の楽器だと思うのですが・・

投稿: おまつ | 2016年6月24日 (金) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 篳篥リード作り、「ひしぐ」:

« 今日は、女子会?(・・?  エスニック料理 | トップページ | 尺八勉強会  2012/06/30  たかつガーデン »