« 平清盛像完成記念式典  2012/06/03  神戸・兵庫区 | トップページ | 神戸市水道局PRイベント 2012/06/05 須磨パティオ広場 »

2012年6月 4日 (月)

2012国際尺八フェスティバル in京都  2012/06/03

2012国際尺八フェスティバル in京都

マスターズ尺八コンサート

2012年6月3日(日)13:00~

京都府立府民ホール アールティ

国内外のプロ奏者30組によるコンサート

尺八独奏を主体として、、尺八本曲合奏曲、箏・三弦を交えた合奏曲

など、多彩でした。

昼に、神戸でグルーポ・マルテスの皆さんの演奏があり、それが終わってから

びゅ~んと、車ですっ飛ばして、京都へ

午後4時前に到着。

コンサートは、約半分弱 終わってましたが、

まだまだこれから午後8時前まで続きました。

Img_1865_3

見たかった一人、三橋貴風

秘曲 鶴之巣籠

長管で演奏されてました。

会場は満員で、通路に予備席がでるほどでした。

この後も、長管で吹く、古典本曲が続きました。

確かに、素晴らしい演奏ですが・・・

さすがに4.5曲も聴くと、

正直・・・飽きた(;´Д`A ```

♪ トリは、ジョン海山ネプチューン

竹で作った楽器のアンサンブル

Img_1881

自らも、竹のパーカッションの叩きながらの楽しい演奏でした。

特別ゲスト枠なんでしょうね、オリジナル曲を3曲

Img_1876

尺八は、管尻が広く開いた、いわゆる”スーパー尺八”ですかね。

以前、同種の尺八を吹かせてもらったことがありますが、

実際の演奏を生で聴くのは初めてです。

従来の尺八とは音色が全く異なる印象の楽器ですが、

全く別の表現手段の道具としては、アリかなって思います。

Img_1874

バリフォン (竹製のマリンバ)

こんなのがあるんですねぇ。

-------------------------

コンサートの全体の印象としては、これだけの人が集まって

その演奏を聴ける機会はめったにありませんし、大変感銘を受けました。

それから、印象としましては、外国の方の方が、思い切った試みを

取り入れたり、表現もより音楽的であるのに反し、

日本人は、伝統重視、

特にこういう場では、逆に伝統が呪縛となって

思い切ったチャレンジができないでいる印象というか、雰囲気を感じました。

若い演奏者の方も、その音楽センスや技術は卓越したものがあり

感心いたしますが、

でも、みんな優等生ですなぁ。

もっとちょっと破天荒な人とか、

でてきませんかねぇ・・・そうすれば、少しは楽しくなるカナ。

無理かなぁ~~

|

« 平清盛像完成記念式典  2012/06/03  神戸・兵庫区 | トップページ | 神戸市水道局PRイベント 2012/06/05 須磨パティオ広場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012国際尺八フェスティバル in京都  2012/06/03:

« 平清盛像完成記念式典  2012/06/03  神戸・兵庫区 | トップページ | 神戸市水道局PRイベント 2012/06/05 須磨パティオ広場 »