« 丼家 (ドンヤ) 神戸市・春日野道 | トップページ | アールティ  神戸・新長田 »

2011年9月10日 (土)

尺八の修理

先日、とある製管師をお尋ねしました。

尺八を修理するかどうか、ホントに迷ってたのですが、

思い切って、修理に出しました。

その方から、

「尺八は、最初の1本にどういうものに出会うかが、実は大切

「失礼ながら、この尺八を吹いていたにしては、不思議なくらい素直な吹き方をされていますね。変なクセがついていてもおかしくないのに・・」

と言われた。

修理している間お借りすることになり、選んで下さった「竹」は、確かに、素直に鳴る

いやぁ~ 鳴るんだ・・・コレが・・・なんだかなぁ(^。^;)

今までの苦労は何なの~って感じです。ハイ

実のところ、自分の吹き方のせいだけではなかったことに少し安堵した。

修理といっても、管の内部を全面的にやり直すようです。

まったく、新しい「竹」に生まれ変わることになるようですが、少し楽しみです。

コンクールの予選が終わり、11月に全国大会を控えているこの時期に

修理に出すのは、あまり賢明とは言えませんが、

要らぬ苦労はしないのが得策。思い立ったが吉日

たとえ失敗したところで、大したことではありません。

それよりも、気持ちよく吹けることが大事かな

|

« 丼家 (ドンヤ) 神戸市・春日野道 | トップページ | アールティ  神戸・新長田 »

コメント

ケーナよりも、尺八のほうが個体差が大きくありませんか

あんなに内部をしっかり作っているのに、だめな尺八はぜんぜん鳴らない

最近、私も少し大きな音が出るようになりました(^^)/

投稿: uchi | 2011年9月11日 (日) 00時54分

尺八は、ホント1本、1本 まるで違う感じがします。
私は、実質、今の「竹」しか知らないので、あまりわかりませんが、自分に合うか合わないか、見極めは非常に難しいですねぇ。

投稿: おまつ | 2011年9月11日 (日) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尺八の修理:

« 丼家 (ドンヤ) 神戸市・春日野道 | トップページ | アールティ  神戸・新長田 »