« インドネパール料理 ビーハーニー | トップページ | ケーナ製作 »

2011年3月28日 (月)

F管の"F#"の音

Img_6833

ケーナは、どうしても半音は出にくい楽器ですが、

中でも出にくいのが、G管においては、G#の音。

今回は必要に迫られて、

F管のF#の音を素早く、正確に、音量も確保するため、

一番下に穴を開けてしまいました。

さすがに、自分の愛用のケーナには、開けられないので、

一からコレ用に作ってみました。

穴ひとつで、全体のチューニングのバランスが変わってしまいますね。

仕方が無いので、穴埋めたり、削ったり・・・・

取りあえず、2オクタープフルに出ればいいから、今回これで間に合いそうです。

ちなみに、最近「ゆい」の助っ人として来てもらっている「青木さん」は

指孔が8個(だったかな・・)ある「マルカマケーナ」を吹いてはります。

こういう時は便利かもしれませんね。

|

« インドネパール料理 ビーハーニー | トップページ | ケーナ製作 »

コメント

アナ増えると、全長が変わって3オクターブが出なくなる。

指使いを変えるとなんとかなりそうですが、そうすると普通のケーナ吹けなくなっちゃう。

悩みどころです(@_@;)

投稿: uchi | 2011年3月28日 (月) 23時59分

そうですねぇ。
そもそも、すべてを1本で間に合わそうというのが、無理なんでしょうけどね。

投稿: おまつ | 2011年3月29日 (火) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F管の"F#"の音:

« インドネパール料理 ビーハーニー | トップページ | ケーナ製作 »