« 長寿饂飩 つるかめ その2  西宮 | トップページ | 中国 南京 爆食的音楽旅  25 富木制衣・工場見学 2010/11/05 »

2010年12月15日 (水)

中国 南京 爆食的音楽旅  24 街の楽士 2010/11/05

Title_nanjing480

Img_5195l

街の楽士

盲人が音楽を生業とする例は

各国で見られますね。

ボリビアでも、見かけたし

バングラデシュ

ここ、中国でも。

時には、なんとも言えない

味のある感動的な演奏に

であうこともあります。

いつもなら、ゆっくり聴いてゆく

ところですが、この日は、そうもいかず・  ザンネン・・・

日本では、古来より、盲人が音楽家として大成した例は数多くあります。

有名なのは、京都のお土産の名前にもなっている"八橋検校"

生田流筝曲の創始者 "生田検校"

おなじく、山田流筝曲 "山田検校"

春の海の"宮城道雄" 

考えてみると、江戸時代以前の昔から、

盲人が保護されてきたというのは素晴らしいことですね。

今の日本・・けっして障害者に優しい社会とは言えませんけどね・・。

Img_5169

こちらは、笙(しょう) ですね。

日本の雅楽の笙は、まったくの伴奏楽器で、主旋律を演奏する事はないですが、

こちらは、メロディーを吹いてましたね。

|

« 長寿饂飩 つるかめ その2  西宮 | トップページ | 中国 南京 爆食的音楽旅  25 富木制衣・工場見学 2010/11/05 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国 南京 爆食的音楽旅  24 街の楽士 2010/11/05:

« 長寿饂飩 つるかめ その2  西宮 | トップページ | 中国 南京 爆食的音楽旅  25 富木制衣・工場見学 2010/11/05 »