« Hanukkah ユダヤ教のお祭り  2010/12/05 | トップページ | 中国 南京 爆食的音楽旅  18 打ち上げ宴会 2010/11/04 »

2010年12月 6日 (月)

中国 南京 爆食的音楽旅  17 工場慰問演奏 2010/11/04

Title_nanjing480

いよいよ、演奏会です。

南京市内から、40分くらいでしたか、従業員送迎用のバスに乗って

着いたのが、郊外にある工場。

Que_char_nico

到着するころには、陽もとっぷりと暮れてました。

着くや否や、あわてて今回、初の打ち合わせ 

なんと開演30分前と云う慌ただしさ。

本来の演奏会でする予定だった曲を何曲かざっと通している途中に、

 そろそろ出番で~す。  ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ  

Uchiawase

会場です、というところへ行くと

なんと、手作り感満載のステージが・・・・

この日の為にわざわざ作って下さったそうです。

Stage00

Kaidan

ちょっと、危なっかしい、階段を上ると、

Stage02

ステージです。いきなり始まってしまいました。(^。^;)

マイクはあるけど・・

打ち合わせの最中に、譜面台をたのんだら

    「何センチですか?」  

 「えっ??(´ρ`)ぽか~ん」

理由は、ステージに上がって納得しました。 手作り譜面台(木製)

Gararry

お客さんは、どれくらいいたんでしょうかねぇ。

ステージからは暗くてよく見えなかったけど、結構いたんだぁ~。

Stage01

従業員は全部で1000人を超えているそうです。

Wan

王社長のあいさつに続いて、いきなり演奏です。

Shukunachi6

Nico_solo_2 演目は、

●金蛇狂舞

●漁光曲

●茉莉花

●昴

●草原情歌

ほか

二胡独奏曲 2曲

尺八独奏曲 「岩清水」も演奏

さすがに、尺八の独奏は

中国の女工さんには、ぽか~ん とされましたが・・・(~_~;)

 ・・・個人的には、この寒々とした中で吹く 「岩清水」は、良い試練となりました。

Quna_gut

予定になかった、フォルクローレの曲も2曲・・何やったけか?

まったく、打ち合わせも出来てなかったので、

ステージ上で、次 何? 何? ってな感じで、

司会進行も兼ねた "董先生" が何言ってるか耳をそばだてながら、

            ・・でも、中国語だから何言ってるかわからん

ほんと、ハラハラドキドキの ステージでした。

普段の「グルーポ・ゆい」のステージより、

  さらにオッカナイ スリリングなステージでした。ホント

Nico_char_guit

二胡とチャランゴとギターの合奏。

Shoumei

アンコールに、「北国の春」 これは まぁ予想の範囲内ですが、

次のリクエストが、

"ソーラン節" 

そ・そ・ソ~ラン節って・・・・(^。^;)  これには、たまげました。

なんで、こんな曲知ってるんですかねぇ。 

それにしても、あ~オモロかった。  

|

« Hanukkah ユダヤ教のお祭り  2010/12/05 | トップページ | 中国 南京 爆食的音楽旅  18 打ち上げ宴会 2010/11/04 »

コメント


ステージから譜面台まで全て手作り良いですね。

皆さんも楽しんでくれたことでしょう。

投稿: 年金暮らしのケーナマン | 2010年12月 6日 (月) 18時17分

経済発展の著しい中国ですが、
一般の人々は、中々音楽に接する機会も少ないようです。
楽しんでもらえてたら、良いのですが。(^。^;)

投稿: おまつ | 2010年12月 6日 (月) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国 南京 爆食的音楽旅  17 工場慰問演奏 2010/11/04:

« Hanukkah ユダヤ教のお祭り  2010/12/05 | トップページ | 中国 南京 爆食的音楽旅  18 打ち上げ宴会 2010/11/04 »