« ケーナへの道 その5 | トップページ | 心に響く伝統楽器の調べ »

2007年11月30日 (金)

ケーナへの道 その6

ケーナを始めるきっかけは?

よく、取材されたりすると真っ先に質問される。

本当のところは、タマタマ・・偶然というところなんだろうけど(^。^;;

きっかけの一つは、病気のリハビリ

私のように免疫性の疾患を抱えている人間にとって、一番怖いのは「肺炎」を起こすことだそうだ。まずはそれの予防の為というのが一つ。本当は、深呼吸を毎日するだけでも十分なんですがね。どうせなら何か楽しい事を!!と思ったこと。

もう一つは、病気で今まで出来てた事が何一つとして出来なくなった。
どうせ、出来ないのなら、今までやったことの無いことを始めたいという思い。

暇・時間は十分ある。

笛でも、吹いてみようか!? 

横笛は、身体的に無理だし、

縦笛でなにか?・・・クラシックは敷居が高そうだし・・尺八も同じようなものかなぁ・・・・

で・・偶然知ったのが「ケーナ」でした。

その時は、ケーナがどんな楽器かも知りませんでしたし、

「フォルクローレ」なんて初耳でした。

そんな感じのまま、ただ、ちょっとした興味と暇つぶしのつもりで、奈良・学園前のカサ・デ・ラ・パパへと辿り着いたわけです。

ドアを開けた、店主の前田さんも、ビックリしたことでしょう。

リックサックを背負い、松葉杖をついた人間が立っていたのだから。

招き入れられた部屋には、楽器がところ狭しと散乱していました。

今も変わらず、話し好きで、面倒見の良い前田さんです。

その時も、何時間お店にいたでしょうか、あれこれケーナの手ほどきや、関西のフォルクローレ事情などを聞かせてもらいましたっけ。

すっかり、日も暮れ、待望の「ケーナ」とのちに、仲間に加えてもらうことになる「エル・コンパ」の情報を手に、家路につくことになった。

バックナンバー>>ケーナへの道5ケーナへの道4

|

« ケーナへの道 その5 | トップページ | 心に響く伝統楽器の調べ »

コメント

シリーズの復活、楽しみに待ってました。
カズミさんへの道もお忘れなく。

最近、練習さぼりぎみのuchiです。まだ破門にしないでくださいね。

投稿: uchi | 2007年12月 2日 (日) 10時05分

uchiさん、こんにちは
久しぶりに、体調を崩し寝込んでしまい、
昔のことをふと思い出しました。
また、おいおい書いてみます。

教室の席は、ちゃんと残してありますよ。(∂。∂。;;そろそろ来年の三木山の準備ですかねぇ。

投稿: おまつ | 2007年12月 3日 (月) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケーナへの道 その6:

« ケーナへの道 その5 | トップページ | 心に響く伝統楽器の調べ »