« ハルワ | トップページ | ロス・アンデス・デ・タンバ の助っ人演奏 »

2006年8月29日 (火)

講習会

日曜日に、大阪・阿倍野へ、尺八の講習会に行ってきました。

午前中、ともも教室の日だったのですが、皆さんに無理を言って、

カミサンを残して、私は大阪へ。

10月にある、定期演奏会の講習も兼ねているみたいで、

私(准師範)以外は、皆さん師範・大師範の方ばかり・・・(・。・。;;
Iwashimizu_1 
●扇    山本邦山作
●初霜  阪本朱山作
●岩清水 中尾都山 (今年のコンクール課題曲)
             楽譜表紙→

扇は三部合奏、初霜は二部合奏

尺八の合奏は、独特の響きとうねりがあって

好きですねぇ。曲は初めて吹きましたが・・

岩清水、何人か前に出て吹かされました。私も、(;^。^A アセアセ・・

講師の先生から、予想外の講評を。

なんと 「揺り (ユリ*ビブラート) 」を、褒められた。意外?!!

首振り3年・・・  とか申しますが、私、脊椎に障害があるので、

都山流の、いわゆる 首で「揺る」ことが出来ない。

仕方がないので、おまつ流「竹揺り」という荒技で

ごまかしてるのだ(llllll〃^∇^)o_彡☆あははっ 邪道ですが。

     説明しよう・・・竹揺りとは、首を上下左右に動かす代わりに
              尺八を振るのだ。

都山流の皆様、ひとつ大目に見てやってください。(^-^*)ヨロシク♪

|

« ハルワ | トップページ | ロス・アンデス・デ・タンバ の助っ人演奏 »

コメント

竹揺りですか。
……想像して、一瞬鼻で笑っちゃいました。

でも音色はそれはそれは素晴らしいのでしょう。
あ~~~聴きたいっ!!

投稿: Liu | 2006年8月29日 (火) 20時10分

鼻で笑われてしまいました。(爆)

コンクールが近づいてきました。今年は地区予選は通りたいものです。

投稿: おまつ | 2006年8月29日 (火) 23時03分

かずみさんが、揺りのことを心配していましたが、見事技術で乗り越えたのですね。どちらを揺らしても相対的な角度が同じなら同じ音がでますよね。

コンクールのTOP通過を祈ってます。

投稿: uchi | 2006年8月30日 (水) 21時25分

>どちらを揺らしても相対的な角度が同じなら同じ音がでますよね。

理屈はそうだと思うのですが、なかなか思うようにはいきません。お手本もないですし(^。^;;
普通は許されないでしょうしねぇ・・・

投稿: おまつ | 2006年8月30日 (水) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講習会:

« ハルワ | トップページ | ロス・アンデス・デ・タンバ の助っ人演奏 »