« Xin Chào ベトナム 4日目 | トップページ | Xin Chào ベトナム ちょっと一服 »

2006年2月 4日 (土)

Xin Chào ベトナム 4日目

★ベトナム4日目 2005/12/22 ホーチミン
night01night02
チョロン地区からブラブラと歩いて帰ることにした。途中カフェで休憩しながら、結局ホテルまで歩いて帰ることに。帰り道、ベンタイン市場周辺についた頃は、もう夕方。ここは18時からナイトマーケットになる。時間が来ると、どこからか折りたたみ式テントをゴロゴロ引いてきて、あっという間に道路が露店やレストランに早変わり。

night03night04 今日も、大賑わいです。
観光名所でもあるので、レストラン前には客引きが、いっぱい! 値段も少し高めだか、店の前には写真つきのメニュー看板があってわかりやすい。例によって、メニュー見てもわからない時は、看板を指差して 「コレ!!」 てな具合です。
●生春巻き (ゴイ・クォン)●ベトナム風お好み焼き(バイン・セオ)バイオ・セオは、薄いパリパリのクレープ風。中身は、もやしが少々。これまた、どう食べてよいのかわからず、そのままバリバリ食ってたら、またまたお店の人登場!!
night06night05 なんと、適当に割って、それをレタスに巻いてタレをつけて食べろと、お手本を見せてくれました。皮にレタスを包むのかと思ってましたが、逆でした。   



night08night07 ●海鮮かた焼きそば
 (ミー・サオ・ゾン)
●海老ちくわ(チャオ・トム)
これまた、たっぷりの香草と一緒にレタスに巻いて食べる。巻き巻き系は、前菜なんだね。バイン・セオは、ご飯の分類だけど、これもどちらかというと前菜だよね。

|

« Xin Chào ベトナム 4日目 | トップページ | Xin Chào ベトナム ちょっと一服 »

コメント

それにしても、と何時もと同じことを言ってしまいますが、(言ってない?PCのこちらがわでは何時も言ってます)どうやったらこんなに素晴らしく写せるんだろう?レタスのみずみずしさ、春巻きの透明感、お好み焼きの端っこのぱりぱり感ですよ!夜だから暗いでしょうにフラッシュなら均等に当たらないはずだしな~ 
海鮮かた焼きそばはイカの足1本と貝柱らしき2かけらが見えるから海鮮ですかね(爆)

今更ながら初歩的質問ですが、Xin Chàoってなんですか?
それと何時頃コケるんでしょう?
気になって仕方ないのは意地が悪い証拠でしょうか?(ゴメンナサイ)

投稿: めんちく | 2006年2月 4日 (土) 22時44分

言い忘れました。
ボケ写真発見です。
MUA SAMと書かれたネオンの画像です。
ちょっとボケかましてますね。
ほっとしてます。

やっぱ意地が悪いですかね?

投稿: めんちく | 2006年2月 4日 (土) 22時49分

ボケ写真は、知ってます(;´▽`A`` ホント暗かったのでたぶん1秒近く開いてたみたい。
料理の写真の光は、フラッシュ使ってます。但し携帯用の小さいディフューザーを使ってます。これが一番簡単で良いみたいです。
「Xin Chào シンチャオ」 はベトナム語でこんにちは です。

コケルのは、もうすぐ、、(ノ_δ。)

投稿: おまつ | 2006年2月 4日 (土) 23時24分

私もおまつさんのお写真に一万票!!
なにしろお料理がにおってきそうなくらいで、写真の中から街の雑踏が聞こえてきそうです。毎日楽しみに拝見してます。

投稿: Liu | 2006年2月 5日 (日) 10時02分

私もおまつさんの写真に10万票

うちの女房も、料理のHPで写真をとっていますが、こんなにきれいに取れたことはありません。ディフューザーってこんなんですか?
http://dejikame.jp/jikken/dhifyuza.html

おまつ家の旅行は、うちと似ています。市場、屋台、見たこともない食べ物はとりあえず食べる。ベトナム魅力的です、でもエアチケット高いですね。(我が家は事情がありJALかANAしかのれないのです)

投稿: uchi | 2006年2月 5日 (日) 12時22分

Liuさん、いつも見ていただきありがとうございます。なかなか整理ができませんが、まだまだ続きます。よろしく。

uchiさん、こんばんは
旅先での料理の写真の撮り方を、今日書いときました。参考になるかどうかわかりませんが。

投稿: おまつ | 2006年2月 5日 (日) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Xin Chào ベトナム 4日目:

« Xin Chào ベトナム 4日目 | トップページ | Xin Chào ベトナム ちょっと一服 »