« タイ土産の楽器 | トップページ | ガランドス、ハピネスさつま慰問する »

2005年11月18日 (金)

おまつ、フルートの先生に会う

正月も近いです。正月といえば 「春の海」 最近練習始めました、、、おまつです。

カズミのお筝が上達すれば、合奏できますが、来年の正月は無理のようで・・・
まぁ、正月はベトナムにいますからダメですけどね。

flut 神竹さんのフルートの先生にお会いしてきました。
実際フルート奏者の方は、どのような吹き方を
するのか、興味があったので、無理にお願いしました。

木村先生<写真左>、ありがとうございました。


噂に違わぬ 「美人先生」。神竹さんがいそいそとレッスンならぬ 「お話」
に通うのもうなずけます (⌒▽⌒)アハハ!

「なんか、吹いてみて」と神竹さんに云われて、吹いてはみたものの
普段ありえないシチュエーションに、なんだかアガッリぎみのおまつでした。

そうそう、肝心の吹き方ですが、口の隙間が予想以上に広くキレイに開いていましたねぇ。それに息もほぼ正面(むしろ上ぎみ)と言っていい出方をしているように見えました。
息の出る方向は、すこし違いますが、「尺八」の吹き方にそっくりです。

ゆっくりなんだけど、輪郭のしっかりした息がでているのでしょう。
あと、唇の微妙な使い方がうまいのでしょうねぇ、きっと。

何事も、百聞は一見にしかず。  おまつの笛修行は続く・・・・

|

« タイ土産の楽器 | トップページ | ガランドス、ハピネスさつま慰問する »

コメント

おまつさんカズミさん昨日はどうもでした。とっても楽しかったです。先生美人でしょう 月謝の8割行くだけで償却できる事が理解していただけたと思います。 しかしながら美人を前にして舞い上がってしまい演奏がメロメロになってしまったシャイなおまつさん。名人でもあがればこんなに成るのだと変に感心致しました。グルーポ オマツ堂に木村先生も加え発展させて行きたいと思います。(勝手に決めるな)音に昔から興味がありいろんなところに頭を突っ込んでいる私ですが木村先生の 管を響かすテクニック 特筆するものがあると思います。(内緒の話だが木村先生はオカリナ ケーナも教えているのだ) 皆さんにお断りしておくが決して先生が美人だからレッスンに行っているのではない。ひやかしに行った時先生の音に魅了されてしまい(フルートは良く聞くが音楽でなく単音にしびれた事は無い)それ以後真面目にお話をしに(吹いても思う音が出ないから何故先生が良い音がするのかいろいろ口の形 吹き方を実演していただいている すなわち私は吹かない)行っている。今日もレッスンだが昨日の御話の中でピンときたものがあったので少しはお話でなくレッスンになるかな?フルートもケーナもクラリネットも道のりは果てし無く遠い でも 着実に前に進んでいると思う。(本当はそう思うようにしているのだ。なかなか大変だよ だって練習しないんだもん---馬鹿者修行しろ!)

投稿: 神竹 | 2005年11月18日 (金) 10時52分

神竹さん、修行してください(^_^)

私は練習大好きですよ。はじめると止められなくなります。何時間でも大丈夫。家族からの苦情が出ると終わりになります。

今日から出張ですので、メールのお返事が遅くなります。お許しください。

投稿: uchi | 2005年11月18日 (金) 16時45分

なんと私もお箏の先生と“春の海”を奏(や)った事があります。シンセサイザーで演奏したんです。邪道でしょ?電子楽器で奏る事にすごく抵抗がありましたけど、結構おもしろかったですよ。きちんとした五線譜があったのも驚きで、やり始めたらすんごくおもしろかったです。懐かしいです。

投稿: Liu | 2005年11月18日 (金) 21時32分

夜でも、平気で音が出せる神竹さんがうらやましいですよ。ホント!!練習してください(;´▽`A``

聞くところによると、「春の海」を有名にしたのは実はフランス人のヴァイオリニストなのだそうだ。これほど色んな楽器で演奏されている曲も珍しいのではないかと思います。

投稿: おまつ | 2005年11月18日 (金) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おまつ、フルートの先生に会う:

« タイ土産の楽器 | トップページ | ガランドス、ハピネスさつま慰問する »