« 座布団血まれ事件 | トップページ | 秋は、イベントいっぱい »

2005年9月30日 (金)

ケーナへの道 3

神戸市長田区、ケミカルシューズの街としても知られる。
いくつかの大きな、ゴム会社とシューズメーカーを頂点に
中小零細の材料屋・加工業者がひしめく街、通称「ながた村」。

私は、ここで育った。

私の母は若い頃、靴のミシン工として働き、
私が生まれてからしばらくは、家でミシンがけをしていた。
とある会社で数年前まで働き、企画された靴のデザインを
実際にサンプルとして形にするという仕事に携わっていたのだ。

退院後、ほどなく、

その母の働く会社の社長 (母とは旧知の仲でもある)
から、思いもよらない誘いがあった。

「ウチでアルバイトしてみないか?」

まだ、自宅療養中、ようやく三輪自転車でうろうろするのが精一杯の私にとって
なにかありがたいやら、申し訳ないやら、複雑な思いを秘めながらも、
社長の熱心な誘いに感謝し、働き始めることとなった。

これがまさに大きな転機となった。
家から、まず大きく一歩踏み出す事ができたからだ。

その社長も一昨年、古希を迎えられ、その祝賀パーティーで演奏させて頂いた。
何より、私が元気で演奏する姿を喜んで頂いたのには、逆に恐縮してしまった。
本当に感謝の念に耐えない。

働き始めて、事務の仕事をしながら、コンピューターを再び触り始めたことが
新たな「出会い」を生むこととなるとは、その時知る由もなかった。  <つづく>

     バックナンバー>>ケーナへの道2  ケーナへの道1  

|

« 座布団血まれ事件 | トップページ | 秋は、イベントいっぱい »

コメント

プログ拝見致しました。
私は神戸の若松町出身です、長田で同じように母に育てられました。
震災で全てを無くし(職場、家族)、独立しましたが、ビジネスで大きな負債!

西宮市で、暮らしていますが ケーナの事を知り
何とか一つの楽しみとして、一曲練習できれば人生捨てたものでは無いなと!!!
感じていますが、ドレミも吹けない状態です。
何か、アドバイスいただけないでしょうか?

突然のコメントで失礼の程はお許し下さい。
余りにも身近で同じような生活されていたご様子でついつい甘えが出ました。 柏木

投稿: 柏木 | 2005年10月10日 (月) 17時44分

柏木さん、初めまして。
他の事は何の役にもたてませんが、
ケーナの事でしたら少しはお手伝いできるかと思います。
西宮市にお住まいという事なので、一度西宮のともも教室の方にでも、ぜひ遊びに来てください。
教室は、日曜日の午前11時から午後1時くらいまでやってます。見学がてら来ていただければ、アドバイスくらいは出来ると思います。
(見学は無料ですから)案内はこちら↓
http://homepage3.nifty.com/omatsu-kazumi/image/quena_kyoshitsu/kyoshitsu_tomomo.html

投稿: おまつ | 2005年10月10日 (月) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケーナへの道 3:

« 座布団血まれ事件 | トップページ | 秋は、イベントいっぱい »