« グルーポ・ゆい フォルクローレライブ緊急告知 | トップページ | ケーナを始めたきっかけ3 »

2005年8月12日 (金)

ケーナのピッチ

業務用スーパーは、貧乏さんの強い味方です、、、おまつです。

暑い ´´(;´ρ`A)アチィ・・・暑すぎて、ケーナ作りも滞りがちです。
作業する部屋(キッチン)にはクーラーもなく、ケーナのピッチも上がり放題です。

ピッチといえば、誰が吹いても正確なピッチのケーナというのは、
実現不可能なのではないかと思ってしまいます。
少なくとも私の作るケーナは、ウチのかみさんには合いません。
もちろん、私が吹けば問題ないのですが・・・・なぜか理由はよくわかりません。
吹き方の違いといってしまえば、それまでですが。
他の人に吹いてもらっても、事態は深刻になるばかりです。
私が吹くよりも、ピッチが上がってしまいます。
どう聴いても音量はあきらかに、私が吹くより小さいのに。
音量が私より大きいのなら、まだ話もわかるのだが・・不思議です。

mm08121 ★★今日の二匹★★

●仲良くテーブルで・・・って
そんなところで寝るんじゃない
●踏み台の攻防
上で寝ているマグマ
下からスキを伺うミドリ
●そして難しい態勢で寝る
今日も、留守番ご苦労さんでした。
mm08122
mm08123

|

« グルーポ・ゆい フォルクローレライブ緊急告知 | トップページ | ケーナを始めたきっかけ3 »

コメント

神竹さんのスタジオで録音された、尺八の音聞きました。ケーナよりもさらに繊細な高音にしびれました。

私の作ったケーナも、他の人が吹くと上がります。他の方の作ったケーナを私が吹くと、下がります。数センチ切り詰めたこともありました。

おまつさんと、私の音質はまったく違いますが傾向は同じなんですね。不思議です。

朝昼晩で音程が変わるのにも悩みました。温度のせいなのか?吹き方が不安定なせいなのか?

ケーナはジョイント式でチューニングできるようにしたほうがいいんでしょうか?それとも伝統的なスタイルを重視したほうが・・?おまつさんどう思われますか?

投稿: uchi | 2005年8月13日 (土) 01時16分

もし、私がフォルクローレの「コンフント」以外の形式で演奏をする機会があり、他の楽器(例えばピアノとか)とあわせる必要があるなら「チューナブルなジョイント式ケーナ」という選択も考えるでしょうね。
又、聞くところによると、今あるボリビア式やアルゼンチン式のケーナは、他の楽器と合奏する為や、より広い音域を吹きこなす必要性から、ここ数十年の間に相当改良(人によっては改悪と呼ぶ)されてきてるそうですしね。
それこそ、「伝統的なケーナって何?」という話になると、その答えは一様ではないと思います。

それより私は、今カミサンと私のケーナのピッチを合わせる事の方が最重要課題です(^^;)

投稿: おまつ | 2005年8月13日 (土) 20時33分

カズミさんも名人ですから、少しくらいのずれは技術でカバーできてしまいそうですが、難しいものですね。

レベルは違いますが、うちも、カミサンとオカリナのピッチを合わせることができないで、何年もたっています。オカリナは作れないし・・・(´_`。)

投稿: uchi | 2005年8月13日 (土) 23時49分

オカリナも実は、正確なピッチで演奏するには相当技術を必要とするみたいですねぇ。
ライブのアクセントにオカリナでも吹いてみようと気軽に考えていた人がいて、結果、ピッチが合わずに気持ち悪~い演奏になってしまった人を知ってます(^^;)
オカリナぐらいとなめてたんでしょうね、きっと。

投稿: おまつ | 2005年8月14日 (日) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケーナのピッチ:

« グルーポ・ゆい フォルクローレライブ緊急告知 | トップページ | ケーナを始めたきっかけ3 »