« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月29日 (金)

真昼の決闘!!

カズミは、助手席で子守唄を歌います、、居眠りはできません、、おまつです。

01折りたたんだベッドのテッペンで寝るのが
お気に入りのマグマ。

一方、ミドリは、かまって欲しいのか、
「忍法バタフライ」でベッドによじ登り、

すばやく、寝てるマグマに近づく。

02 顔を寄せたかと思うと、

いきなりマグマの耳にガブリ!!
なんと過激な愛情表現?!

最近は、正面攻撃は通用しないと
悟ったのか、マグマのスキを見つけては
いきなり飛びかかる。

03 マグマ、すばやく体を入れ替え、反撃!
叩き落しても、懲りずに登ってくるミドリを
上からパン~チ。
今度はマグマが、ミドリを押さえつけて
ガブリ
心配して覗いてみると、実はミドリのお腹を
やさしくペロペロ

マグマの気持ちはミドリには通じてないのか・・益々図に乗るミドリ。

カズミ曰く 人呼んで 「血に飢えた獰猛なネコ」 ミドリ

サーカスにでも売ろうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月28日 (木)

ケーナを始めたきっかけ

夏休みの絵日記は、いつも最終日に書いてました、、、おまつです。

日記などというものは、今まで書いたことも、
書こうと思ったことすらありませんでした。
このブログが生涯初の日記ということになりますかねぇ。
関西人でありながら、しゃべりは全く苦手なので、自分の事を
しゃべるよりはマシかなぁ・・ということで、書くことにします(^^;)

una1una2

ケーナを吹いている人も、大別すると
●フォルクローレ(音楽)に興味のある人
●楽器そのものに興味のある人
に分かれると思うのですが、私は後者でしょうか。

ある日、とあるお店でウニャ・ラモスのCD<写真>のジャケットが偶然目にとまった。

「なんだ、この笛は?」

フォルクローレが何か、この人が何者かも全然知らなかった。でもなぜか気になる。
こんなマイナーなCDを試聴はさせてくれそうもないので、買って帰えることにした。

実は、CDを買ったのはこれが初めて・もちろんレコードは買った事ありますけどね。
なぜ買ったか理由は今だ不明。

その頃、私は何度目かの入院生活を経て自宅療養中で、リハビリを兼ねて、
愛用の三輪自転車に乗って散歩するのが日課でした。
b_tp03_g
←自転車に乗れないおば様ご用達のこんなヤツに
松葉杖を載せて、動きまわれる範囲が
当時の私の世界のすべてでした。

その日は少し暑く、散歩の途中、休憩のために入ったお店で見つけた

このCD、これが、自分の人生を大きく変えるとは予想もしてませんでした。<つづく>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月27日 (水)

いたずらっ子 全快!!

タイ人に怒られたことがあります、何故か怒られた気がしません、、おまつです。

mid01 ようやく、良くなったと思ったら

いたずら全開!

何故か知らぬ間にティシュが減ると

思ったら、コイツの仕業か・・・



mid03 かわいい顔をしてごまかすんじゃ
ありません。

高熱のせいで、おバカさんに
拍車がかかったのではないかと・・心配です。

mid02









よーくみると、まぶたに森の石松ばりの縦の筋が・・両方にあるので、傷ではないようなのだが、ヤンチャなのはこのせいでもあるまい。

somen 昨日頂いた「そうめんうり」
うりといいながら、かぼちゃの仲間だそうだ。
切って茹でると、繊維状にほぐれ
さながら、そうめんのようになる
ポン酢でさっぱりといただきます。
味は、ほとんどないので何にでも
合いそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年7月25日 (月)

ホームベーカリー活躍中

<渋滞情報>
スポーツクラブのプール、
立話のおばさんを先頭に約7メートル渋滞中です、、おまつです。

pan01 先ほど、パン焼きあがりました。
最近、毎日パンを焼いているカズミです。
本日は、ライ麦パン、
結構いい感じに焼き上がりました。

ゴマ、くるみ、レーズン、豆乳・・・
日替わりで楽しんでます。


メカおんちの私が、ホームペーカリーを使いこなしている証明です・・・・カズミ

とはいえ、レシピどおり材料をはかり、入れてスイッチポン! これだけ!!
いたってシンプルな機械でよかったです、、、おまつ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

ミドリ、ちょっぴり復活!

彦根で演奏、日帰り270キロ・・・きついす、、おまつです。

安達家は、まだ遠いので大変。お疲れさまでした。

昨日は、ミドリの具合が良くなく、気分は演奏どころではなかったのですが、
まさかドタキャンするわけにもいかず、後ろ髪を引かれる思いで、ミドリを
カミサンの実家に預けて出かけました。
リハーサル後、ウチに電話すると、なんとミドリ
42度の高熱・・そして2度目の注射。

そして今日、3度目の注射でした。
昨日は、注射を打たれてもなすがまま、ぐったりだったそうだ。
今日は、ギャーギャー暴れてました・・・少し元気が出てきたようで。
注射も今日で終わり。そして
注目の検査結果は シロ バンザーイ \(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/

でも、コンペイトウさんのコメントでもありましたが、三種混合ワクチン注射は
怖いものなんですねぇ。知りませんでした。

m_m01 今日のミドリとマグマ・・・・・
久しぶりに仲良くツーショット
ミドリが、おとなしくしいてる時は
いいんですけどねぇ

m_m02

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年7月22日 (金)

ミドリ、ピンチ!?

midori

ワクチン注射のアレルギーで具合が
悪くなり、昨日も一日ぐったりしていた。

今朝、ご飯を食べさせようと起こしたところ
どうも歩き方が変!!
あわてて、動物病院へ。
熱が40.5度もあり、まともに歩けない状態。
念のために、レントゲンと血液検査。

レントゲンは異常なし、血液検査の結果は2~3日後らしい。
厄介な病気でなければよいのだが・・・・ただ、祈るのみである。

とりあえず注射してもらい、飲み薬をもらう。
あと2日注射に通わなければならない。

会計の時になって、「アッ!!お金が足りない」
動物病院に借金ができてしまいました。いやはや面目ない ((+_+))

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

ケーナは細めがいいかな?!

quena





今日は、二匹と一人お留守番です、、おまつです。

最近作ったケーナです。内径17ミリの細め。
肉薄なので持った感じが今吹いているケーナと比べてずいぶん細く感じる。
でも久々に、演奏に使えそうなレベルのケーナに仕上がった。

私は、太い管が苦手だ。内径18ミリが限界でしょうか。
太い管を吹いてみても管全体が鳴っている気がしないからだ。

CD製作のため録音した時に色々試してみたが、
太い管を吹いてみると、特に低音などは響いている感じがするものだが、
実際自分の耳で聴いているほどには鳴っていない気がした。

自分の耳 (と云ったほうがよいかも) には、空気振動
で伝わる以外に骨伝導による振動も加わるからでしょうか。

●自分のケーナの音というのは、自分にはわからない
●自分が心地よい音は必ずしも聴いている人が心地よいとは限らない

というジレンマを抱えながら、演奏しているのだが・・・
多分決して解消されない問題なのだろう。
自分の音は実際どう聴こえているのか、、、他人になって聴いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月19日 (火)

ミドリ緊急入院!!

今日は、結構いいケーナができました、、おまつです。

今日、ミドリはワクチン注射にでかけました。
帰ってきてから、全く元気がありません。
midori しばらく、寝てかせておいたのですが、
食欲もなく、抱き上げると珍しく泣くので、
心配になり、再度動物病院へ。
な、なんと、
緊急入院
しばらく経過を見た後、大丈夫ということで
その日のうちに、帰ってきました。

なんと、ワクチン注射でアレルギーをおこしたのだそうだ。
元気いっぱい怖い物なしのミドリに、とんだ弱点が・・・・
まだ、少し熱があるようだが、やっとリラックスして眠ってます。
mag
一方、マグマは、遊び相手がいなくて、
退屈そう。
気になるのか、さっき寝ているミドリを
ペロペロして、

( ̄∇ ̄;)))( ((((;_⊿_)ゴロりん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月18日 (月)

兄弟喧嘩?親子かな?!

昨日は、カナートで演奏、1日30分×3回はキツイです、、おまつです。

04 
マグマの反撃も、激しさを
増し、ついには、抱きかかえて
カミカミ攻撃!!
でも、いつも先に手を出すのは
ミドリ。このときも、顔に連続ネコパンチを受けるながら、軽くあしらっていたマグマだが、ついには、辛抱たまら~んと反撃に出た次第!!マグマも猫的に成長したのでしょうかねぇ。

02 寝姿三態
●ネコタワーで寝る
●突っ伏して寝る
●大きな丸はマグマ
01 03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月15日 (金)

二匹の一日

カズミは、ヨウカンを踊り食いします、、おまつです。

01

最近、マグマとミドリの関係も変わってきました。
相変わらず、ちょっかいをかけるのはミドリ
ですが、
少し、マグマも慣れてきたのか、少々の事では
動じなくなってきました。相手が、弱っちいのが
わかってきたのでしょうか。
でもさすがに、ミドリの背後からの奇襲攻撃
には、飛び上がって逃げる・・・・
         それを追いかけるミドリ。

02 でも、ふっと立ち止まって、いきなり逆襲に転じ、

ネコ☆α==(δδ#)パーンチ 一閃

吹っ飛ぶミドリの決定的瞬間!!
仲が悪いのかと思うと、
二匹でネコの草をカミカミ



03

なんでもかんでも、顔を突っ込んでいくせいか
口の周りの毛がはげてるミドリ。

04
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月14日 (木)

ケーナを作る前に その3

今日、尺八准師範職格検定試験首席合格の表彰状が来ました、、おまつです。

自分に合うケーナは、ある程度作れるようにはなりましたが、
吹く人のニーズに合わせたケーナを作るにはそれなりの技術と経験が必要です。

ケーナの吹奏と製作両方を極める事は、難しい!!

つまる所、どれだけ自分の時間を注ぎ込めるかどうかが、物事の上達を
左右するという、当たり前の答えにたどり着く。

やはり、自分は作る事よりも、吹くことに重心を置いていたいと思う。
もちろん、自分自身や、周りの人の為には、作るつもりだが・・

●製作するにはモデルとなるケーナが必要だという話に戻りますが、

前回紹介した、とよの国竹材さん
ケーナ製作キットボリビアタイプG管というのを販売しています
詳しくはこちら↓
http://www.ctb.ne.jp/~bun/Preparation1.htm

なんと見本のケーナ1本とケーナ材1本で 1組1000円(送料240円)
激安!!!安すぎますよ、めんちくさん(店主)
手間と技術に見合う価格を考えるともっと高くても良いと思うのだが、
自ら「ケーナの伝道師」というくらいですから、儲けは二の次なのでしょう。

みほんのケーナは、仕上げしてないだけでほぼ完成品!
初心者は、ケーナ材は置いといて、しばらく作らずにそのまま練習した方がよいです。
作っても竹がもったいないだけですから。

せめて、3オクターブのA(ラ)が出るくらいになったら
見本のケーナを参考に作ってみてもいいかもしれませんね。
それまでは、ケーナ材はどこか風通しの良いところにでも置いておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月13日 (水)

阿闍梨餅(あじゃり餅)

今日は朝からおつかいです、、おまつ

ajari 以前、たまたま新聞の折込チラシで
見つけた 「阿闍梨餅」
水曜日だけ、近く(車で10分)
のデパートで限定販売しているのだ。

念のため、開店前の9時30分到着。
程なく開店したので、早速地下売り場へ
少し探しまわったが、わからずに
案内コーナーで聞く。
親切にも係りの人が、案内してくれた。
いよいよ、カズミ待望の「阿闍梨餅」とご対面!!

直径約6センチ、餅粉の皮の中につぶあん、皮の食感が絶妙!!
京都の和菓子屋「満月」の名物で、数年前カズミがお土産に頂いたそうで、
ぜひもう一度食べたいと、夢にまで見たそうな。
今日は、ご機嫌のカズミでした。15個買ってきたのに、アレ~(・_・?)残りが・・・

midori <今日のミドリ>
最近、いたずらが過激になってきました。
追っかけあいも、加速度を増し、大変です。

←これでも寝てます
こっくり(-_-)(_ _)(-_-)(_ _).。oOOこっくり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月12日 (火)

My尺八です

shakuhachi



今年、ついに買ってしまいました、、おまつです。

今年予定していた旅行は、取りやめになりそうです d(゜ー゜*)oアウチ!!
ウチでは、軽自動車に次いで、高価なモノとなりました。

こんな事を知っていても、マニアックすぎてクイズの問題にもなりませんが、
utakuchi_tozanutakuchi_kin   
左が、都山流の尺八
右が、琴古流
歌口の黒い部分(水牛の角で出来てるそうだ)
の形状が違うので一目でわかる。
最も重要な部分だが、形は単に飾りでしょう!
それよりも、歌口の角度が違う為、吹き方も異なります。

ちなみに、琴古流の尺八、ウチの実家のタンスに数十年眠っていたらしい。
尺八は、ほったらかしにすると割れてしまう、厄介な楽器だ。
でも、大丈夫!! こんなときにはエポキシボンド!!
流し込んだら、ちゃんと鳴るようになりました。
(あくまで最終手段ですから、誤解のないように)

尺八の製作に従事している人を「製管師」といいますが、
本来は、製作した製管師に修理してもらうことになります。

尺八も、竹製のものは、十数万円~ 中には五百万円というものもあるらしい。
ある一定以上のものは、楽器としての性能より、竹の希少価値についている
値段のようだ。

考えてみると、フォルクローレは安上がりでいいですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月)

マグマ、怒りのネコパンチ7連発

そろそろ、高速はETCですかねぇ、、おまつです。

050711-1  最近、少しストレス肥り?のマグマです。

マグマとミドリ、お互いにどう接してよいものか
わからずにいるようです。

ミドリは、人間もネコも関係なくとりあえず誰に
でも寄って行って、じゃれつくんですねぇ。
しかも、いきなり飛び掛るのが困りモノです。

マグマ、そんなミドリからは逃げの一手!!
だったのだが・・・
昨日、ついにブチギレ!
☆α==(・。・#)パーンチ怒りの7連発!!
これが結構マジ!!

たまらず、レフリーストップ!  ミドリ 初のTKO負け! 
これで、少しは懲りたと思いきや、今度は背後からそ~と、
尻尾に飛びつく始末!    メゲナイやつです・・ミドリ

050711-2 これ以降、一方が逃げれば、追いかけ、
攻守めまぐるしく入れ替わり、
追っかけあいの日々。
これ大丈夫だろうかと、不安な毎日です。

一戦交えて、突然 ネル(llllll__ __)。。 。oOO
小豆色の肉球がなんともかわいい

マグマも、やっと安らぎの時間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 8日 (金)

ケーナを作る前に その2

今年は、旅行に行けそうもありません、、おまつです。

前回、ケーナを作るのは大変だという話をしました。それでも作る理由の一つは、
最近グループ内でのピッチのズレが、ひどくなってきたからである。

ケーナは同じ笛でも、吹く人によって吹き方が異なり、ピッチが違うし、
又、笛自体も作る人それぞれにクセがあり、ピッチが微妙に違う。
「違う」×2では、いつまでも合うはずもなく、せめて違う要素を1つ減らしたかったからだ。

-----いきなり作り始める前に

●情報収集
ケーナを作り方を公開しているサイトもいくつかあるので紹介しておくと

とよの国竹材
http://www.ctb.ne.jp/~bun/index.html
まずは、ここでしょう。
Quena andante
http://quena.chu.jp/
Ren's room ケーナ工房
http://www.geocities.jp/rens_room_quena/index
SURARIN PAPA 自作ケーナへの道
http://www005.upp.so-net.ne.jp/surapa/index.htm

皆さんそれぞれ、様々なアプローチをなされてます。必ずしも有効とは
言いがたい事例も、ありますが、基本的な作り方や、調整法を勉強できます。

●まず、手持ちのケーナを調整してみよう!!

ケーナを作る際、やみ雲に作るより、何かモデルになるケーナを真似て作るの
が近道ですが、完璧なピッチの笛というのは、中々無いものです。
初心者なら、信頼できる作者の笛に、自分の吹き方をあわせていくのが賢明な
方法だど思いますが、
ある程度吹くことができて、今のケーナのピッチが特定の音だけ狂いがある場合は、
ぜひ自分なりに調整してみてください。ケーナ製作の上で非常に参考になります。

詳しい調整方法は、上記のホームページを参考にしていただくとして・・・・

epokishi

音が低ければ、指穴を歌口方向に削ればいいのですが、
音が高いときは、埋めるしかありません。
指穴を埋める方法を1つご紹介。(友人の神竹さん流)
★★用意するもの、
  エポキシ樹脂系ボンド
  きな粉  少々
  小麦粉  少々

これよ~く混ぜて指穴に詰めるのです。
kinako

きな粉と小麦粉を混ぜるのがミソ!!
竹の色に合わせて、きな粉と小麦粉を調整、
きな粉よりクロっぽい場合は、フライパンで炒りましょう(^^;)
全部埋める場合は、裏から棒を当てて塞ぐと作業しやすいです。
上から、テープを張ると、表面がツルッとします。



komugi

ana-allana-surauchi





utakuchi市販のパテよりも、取り扱いが楽で、
硬化すれば、竹と同じ感覚で削れる。
うまく、色あわせをすれば、遠めには目立たない。


同じように、歌口を作り損ねた場合も、この方法で埋めて歌口を
作り直すこともできる。竹を無駄にせず、色んな歌口の形状を
試すこともできるので、お勧め!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 7日 (木)

ノクシカタの集い

コーヒーに柑橘類は合いません!!、、おまつです

0507_3 今日は、バングラデシュの刺しゅう
ノクシカタ」の集いがありました。
講師はオーシロカズミ。うちのカミさんです。

直線縫いができれば OK!!
ちょっと組み合わせを変えるだけで、
このとおり、色んな模様ができます。
今回は、基本的な模様をいくつか練習。

でも、直線を等間隔にまっすぐ縫うのが、
意外と難しい。

講習会の後は、バングラデシュ料理。
おまつは、食べる時だけ参加しました!!


「ノクシカタの集い」の案内はこちら
http://homepage3.nifty.com/omatsu-kazumi/kazumi/0507nokushikata/nokushikata.html

0507_1 場所は、バングラデシュレストラン「アイシャ」
阪急神戸線塚口駅下車すぐ
http://homepage2.nifty.com/AISHA/

バングラデシュの主食は「米」
チキンカレー、キーマカレー、ホウレンソウカレー
などインド料理と共通する部分も多いが、
魚や野菜を使ったバングラデシュ独特のカレーは
ご飯によく合う。一度お試しあれ。


0507_2 <講習会の模様>

お集まりいただいた方、皆さんすごく優秀でした。
身近なところに活用していただいて、
ぜひ「ノクシカタ」を広めて頂きたいと思います。

           ・・・・・・・・オーシロカズミ 談

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大きくなりました。

ニャンゲル係数、ただ今急上昇、、おまつです。

0706-1 ミドリ、見た目ずいぶんとほっそりしてきました。
まだ1ヶ月半くらいのはずだが、
結構デカイ気がする。それに足が長い!!
どこまで、デカクなるのだろうか?!
末恐ろしい・・・

トボケタ表情に似合わず、気が強い。
決して引かない!怖いもの知らず



0706-3目の前の物にはとりあえず、突っかかる!

今日の獲物は、犬のぬいぐるみ

窓枠によじ登る
カーテンにもよじ登る
私の足をよじ登り・・テーブルへ
なんと頭がいいのか、要領がいいのか



0706-2 食べて、暴れて、突然寝る

見てるだけで、幸せになれます。

お陰で、ケーナ作りが進みません

発見!!どうやらミドリはサンポーニャの
音が嫌いなようだ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 5日 (火)

ケーナ自作のすすめ

なぜか、ネコに顔をなめられます、、おまつです。
     (・・・・なぜか、ネコに顔をかまれます、、カズミです)
うちのマグマとミドリは相変わらず、つかず離れず
お互いがお互いのトイレで用をたす毎日です。
トイレは、一つにまとめようかそれとも二つ必要か、悩んでます。

0704_1 そろそろ、音楽の事も書いてみようかと・・・
いつも、吹いてる笛の一つがこのケーナ

市販のものでなかなかいい物が見つからない。
結局自分で作り始めた。
しかし、今まではあまり作ろうとは思わなかった。
その理由は、市販品を越えるパフォーマンスの
自作ケーナに出会った事がなかったからだ。
また、日本の竹でつくったケーナの音色が、
あまり好みではなかったこともある。
それを覆したのが「bun」という名のケーナ。これには驚いた。
作者は大分でケーナとケーナ材の販売をしているとよの国竹材店主「めんちく」さん
ここのケーナ材で作ったケーナは、ビックリするほど鳴りが良い。

<ここで一言> ---ケーナを作る前に--- まず・・

●そもそもケーナ 吹けます?
 ケーナは、構造が単純で一見、誰にでも作れそうなので自作する人も多いのだが、
 正確なチューニングの笛を作るには、安定して音を出すことができる技術も必要!
 自分が吹けないのなら、吹ける友人を見つけるというのも一つの手かもしれない。

●モデルとなるケーナがあるか?
 ケーナには、残念ながら「標準モデル」というような基準となるべきものが無い!
 自分が吹いて、チューニングがあっているケーナを手本に作る事になるからだ。

●ケーナは素材!
 結局、鳴らない竹は、いくら手を加えても鳴らない!!というのが結論のようだ。
 竹は、切り出してから、いくつもの工程と年月を経てようやくケーナ材として使える
 ものになる。よい材料を手に入れるのも至難の業。
 

竹のケーナその音色は魅力的だが、良いケーナを作るには、製作技術と吹奏技術を
合わせ持ち、なおかつ、いい竹材に恵まれないといけない訳で、
考えてみると意外と大変。

自作のすすめとは書いたものの、それなりの覚悟がないと良いものは作れないかも
しれませんね。・・・・つづく
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年7月 2日 (土)

トイレ合戦 ΨΨ

最近、朝はホームベーカリーの自家製パンです、、おまつです。

0702-1 カズミは最近、ホームペーカリーでパン作りを始めました。
教えてもらったレシピどおり材料を入れるだけ。
誰でもできます。

おいしいパンの秘訣は、
材料をケチらないこと(^^;)だそうだ。
確かに、安い小麦粉で作ると、安いパンの味がする!

我が家の二匹は、相変わらずの距離!!

昨日、自分のトイレをミドリが使ったのに腹を立てたマグマ。今日は逆襲にでました。

ちっちゃなミドリ用のトイレに無理やり入ってオシッコ。

そのせいかどうかわからないけど、ミドリ、またまたマグマのトイレで今度は、ウ○チまでする始末。泥沼のトイレ合戦へとエスカレート。

0702-2
やはり、トイレは離しておいた方がいいのでしょうか?
今は、横に並べておいてあるのですが。


この所、歯がしっかり生えてきた為か、何でもかんでも噛みまくりのミドリ。

足に絡みついてカミカミ。お仕置きに踏んづけてやるのだが、なんだか余計に喜んでいる様子。

全く、懲りないやつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 1日 (金)

微妙な関係

今日、車検が終わりました、今年は何かとものいりです、、おまつです。

02 2匹の関係は、まだまだ微妙です。

ただ少し距離を置いて見守っているマグマ

対して、

どういうわけか、威嚇のポーズで突進するミドリ
思った以上に、ヤンチャです。


逃げ回るマグマを、面白がって追いかける始末。
01
マグマもたまりかねて、軽く威嚇して追い払う。
そして、また少し距離を置いて見守るマグマ。

どうやら、問題はミドリの方。
どうしたものか、思案中・・・・

でも、今日初めて自分でウ○チできました。


ウ○チで喜んでもらえるのも赤ちゃんの特権。
03
これで、やっと一人前の子猫になりました。

びっくりしたことに、早くも網戸を登り始めました。

去年、自分で張り替えたばかりなのに・・・

フツウ1ヶ月ちょっとでこんなことするのでしょうか

1回目は、上まで登って降りられずに、ピーピー泣いてましたが、なんと3回目には、自力で少しずつ降りてきました。
要領の良さに、少しビックリ。


マグマは、今でも自分では降りて来れないのにね。

コイツは悪さもひどいかも知れない・・・そんな予感が。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »